学芸カフェテリアとは  学芸カフェテリアは、平成19年度に始まった文部科学省と日本学生支援機構による「新たなニーズに対応した学生支援プログラム」(学生支援GP)の 初年度に採択されたことで、創設されました。以来、ウェブサイトを運用しながら、学芸カフェテリア・オフィスを拠点に、学生支援とキャリア支援の 多くの講座を提供し、キャリアナビの相談にたいおうしてきています。GP期間終了後の平成23年度からは、学生キャリア支援室の一組織として 事業が軽傷されています。目的は、「見えない援助資源」の活用と支援メニューの最適化です。大学組織と教職員が潜在的に持っている支援 コンピテンス、「見えない援助資源」を「見える化」することで、多種多様な支援メニューを開発し、学生が自分のニーズに合わせてこれらの 支援メニューを選択でき、最適化された支援計画を立案できるシステムの構築を目的としています。

◆学芸カフェテリア・オフィス キャリア支援の発信拠点であり、学生同士で気軽に話し合えるサロンとして誰でも利用できます。パソコン3台、BIGPAD、iPad20台を設置しており、無線LANも使用できます。キャリアに関連する図書や話題初(約1,300冊)を揃え、貸し出しも行ってます。 また、過去の学芸カフェテリア講座(DVD)をオフィスで閲覧することができます。
キャリアカウンセラーの資格を持つスタッフが常駐しており、将来の進路相談にも応じています。
詳細はこちら
◆学芸カフェテリア講座 学生生活の充実と自分磨きに役立つメニューや、就職をはじめ将来設計に役立つメニューを提供し、まるでカフェテリアで好きなメニューを選ぶように自分の必要とする学修・ キャリア支援メニューを選択して、受講できます。正課外の講座のため、単位とはなりませんが、毎回、優れた講師陣により意義ある講座を提供しています。


詳細はこちら
◆キャリア・ナビ(キャリア相談) 将来の方向性に迷ったら、キャリア・カウンセラーが相談にのっています。カウンセラーと話すことで、自分の課題に気が付いたり、課題解決の方法を相談したり、一人ひとりに合わせたサポートを提供しています。 一人で悩まず、新たな視点を投げかけてもらうことで、自分の将来形成を積極的に考えていきましょう。


詳細はこちら

※すべての情報は学内ポータルの「学芸カフェテリア・ウェブサイト」より発信しています。(ユーザーIDを持っている学生と学内職員のみ利用可能)


新着情報