image2

A・B類数学

教育系にもどる

学び合いの言葉

『学ぼう、伝えよう、美しい数学の世界を!』

学科の特色

  • 学校教育の現場で算数・数学の指導的役割を果たせる教員になることができます
  • 数学のあらゆる分野に触れることができます
  • 学びたい分野をより深く学び専門性を身に付けることができます
  • 数学に対する深い知識と見識を身につけることができます

教員メッセージ

山田  陽(数学科教室)

数学の専門性に基礎をおいた人材育成

 数学は、人類が長い期間をかけてつくりあげてきたものです。数学をつくる過程では、論理や構造の美しさを感じます。また、思いもよらなかったことがみつかる驚き、新しいことに気づく喜びなど、人を感動させるものです。他方で、数学は自然科学、社会科学など様々な科学を理解するうえで、基本的な言語であり、様々な事象をとらえるための考え方を提供してくれます。数学の様々な側面に触れ、深く学び楽しむことで、数学についての深い知識と豊かな見識を身に付けましょう。算数・数学を教える小学校、中学校、高等学校の教員にとって、数学についての深い理解と見識は不可欠であり、子どもの理解とあわせてよりよい算数・数学の授業をつくりあげることを可能にします。また、数学の様々な側面に触れ、あらゆる分野を学ぶことで、社会において期待されている専門的な数学の理解へもつながってきます。

学生メッセージ

川中子 遥(4年 栃木県立栃木女子高等学校出身)

私と数学

 私はB類数学学科に所属し、現在複素解析学の研究室で数学を学んでいます。数学は様々な専門分野に分かれますが、それぞれが深く互いに関連しあっていることを大学の数学を通して実感しました。また、学芸大学では教育実習や学校見学の体制がしっかりしており、多くの子ども達や先生方にお会いすることができ、数学教育と専門的な数学を共に学ぶことが出来ました。
 数学は考えれば考えるほど奥が深く、様々な視点から問題をとらえられることが楽しさの一つだと思います。また、様々な視点から問題をとらえる力は自分で勉強することはもちろんですが、他人と考えを共有し合うことでさらに磨きがかかるものだと思います。学芸大学に入学して、共に数学を学ぶ仲間がたくさんできました。時には熱く議論し、数学の楽しさを享受しあえる仲間です。私はそんな仲間に支えられながら学芸大学で教師を目指し、数学を楽しんで勉強しています。

主な就職先

 全国各地の公立小、中、高等学校教員および私立の小、中、高等学校教員が圧倒的に多いのは勿論ですが、国家公務員や地方公務員となって行政の立場から教育を志す人もいます。また、システムエンジニアとして情報関連企業や銀行、メーカーなどに進む人もいますし、放送局や新聞社などマスコミ業界に進む人など卒業生の進路には大学院への進学も含めて多彩なものがあります。

担当教員

伊藤 一郎
数学
教授
業績
太田 伸也
数学科教育学
教授
業績
竹内 伸子
数学
教授
業績
中村 光一
数学科教育学
教授
業績
藤井 斉亮
数学科教育学
教授
業績
宮地 淳一
数学
教授
業績
安原 晃
数学
教授
業績
教員個人サイト
山田 陽
数学
教授
業績
山ノ内 毅彦
数学
教授
業績
溝口 紀子
数学
准教授
業績
横山 隆久
数学
准教授
業績
西村 圭一
数学科教育学
准教授
業績
滝沢 清
数学
特任准教授
業績
田中 心
数学
講師
業績
谷川 政雄
数学
講師
業績
長瀬 潤
数学
講師
業績
渡邉 純成
数学
助教
業績