image2

カリキュラム

教育学部にもどる

学部のカリキュラム

カリキュラム

 本学の学部授業科目の基本構造は、学校教育系・教育支援系ともに「教養科目」「教育基礎科目」「専攻科目」「自由選択」の 4つのカテゴリーで構成されています。
 特に、高い専門性を持つ教員の養成を目的とする学校教育系は、教員として学校現場に立つ上で必要となる知識・技術を学ぶ「教育基礎科目」の比重が高くなっています。
 また、学校現場と協働して様々な現代的教育課題の解決を支援できる人材の養成を旨とする教育支援系は、各分野の専門性を高めるための「専攻科目」の比重が高くなっています。
 さらに、学校教育系・教育支援系ともに、幅広い教養を身につける為に自由な選択履修を認める「自由選択」枠 が設けられています。(表の数字は、卒業に必要な各科目の単位数で、教育系では選修・専攻により若干の違いがあります。)

教養科目

 「教養科目」は、広い視野と深い教養、豊かな人間性を備えることに資する「総合学芸領域」、将来の健康生 活を実践する素地を育成する「健康・スポーツ領域」、国際文化を理解し語学的素養を身につける「語学領域」の3つの領域からなります。
 「総合学芸領域」では「日本国憲法」「人権教育」及び学生がノート型パソコンを必携し、情報化社会に必要とされる倫理と基礎技能を学ぶ「情報」は全学生が必修科目として学びます。また「総合学芸領域」の選択科目は、4つの分野に約90科目を開設し、その中には、社会で幅広く活躍され、実績・経験豊かなゲスト・スピーカーによる講義が受けられる「学芸フロンティア科目」や民間企業からの「寄付講義」等、ユニークな授業が含まれています。
 「健康・スポーツ領域」では、「スポーツ・フィットネス実習」及び「ウェルネス概論」が全学生必修科目として学びます。
 「語学領域」では、「英語コミュニケーションA・B」が全学生の必修科目です。また、「語学領域」では「初習外国語」 として6ケ国(独・仏・中・朝・伊・西)を開設しており、その中から1言語を選択必修として履修することになります。

教育基礎科目

 教育学部の学生に必須とされる教育学、教育心理学、教科教育学関係の科目が中心です。教育職員免許法の「教職に関する科目」に対応する科目で、教職の意義・教育の基礎理論・教育課程及び指導法・特別活動の指導法・各教科指導法・生徒指導及び教育相談・現代の教育に関する科目などがあります。教育実習もここに含まれます。
 学校教育系は必修、教育支援系は選択〈一部の科目は必修〉です。

専攻科目

 各選修・専攻・コースごとに編成された深い専門性を持つ人材を育成する科目です。
 学校教育系は「共通 SE」「教科・教職に関する科目」「専攻に関する科目」及び「卒業研究」からなります。
 教育支援系は「課程共通科目」「コースに関する科目」及び「卒業研究」からなります。

自由選択

 学校教育系、教育支援系ともに原則的にはどの科目も授業担当教員の許可が得られれば選択可能ですが、特定の授業科目については履修制限を行っています。