image2

A類家庭選修(平成27年度入学生〜)

学校教育系にもどる

学び合いの言葉

『家庭科に強い小学校教員になろう』

選修の特色

本選修は、小学校全教科の教科指導・生徒指導に加え、特に家庭科に関する専門的能力を養うとともに、生活を科学的にとらえ、時代に合わせて新たな暮らし方を提案できる教員を養成します。少人数の講義や実験・実習により教員に必要な知識や技能を身につけます。

学科ウェブサイト

こんな授業があります

 【家庭経営学】では家族の幸福実現に向けて家庭管理学と家庭経済学の基礎を学びます。まず、意思決定論入門として大学卒業後の進路等の目標を再確認し、目標実現に向けた手段等を検討します。次に、総務庁『家計調査』を用いてグループごとに費目を選び、グラフを作成して、世帯主年齢階級ごとの収支の特徴をつかみ、発表します。収入については、実収入と非消費支出(所得税等や年金等の社会保険料)との関係を明らかにして、家族の多様な働き方を支援できる税・社会保障制度を学びます。

在学生から

 この選修では、将来教員になるための幅広い知識や指導法を身につけるとともに、家庭科についてのより深い知識や技能を学ぶことができます。授業では、講義だけでなく被服製作、調理実習、間取り設計や保育実習など実践的に学ぶ場が多くあります。3年次秋学期からは、それぞれ興味のある分野の研究室に入り、専門的な知識をもった先生方のもと、さらに発展的な研究をすることができます。また、少人数のためみんな仲が良く、支え合える仲間ができることも家庭科の魅力の一つです。
 みなさんも、ぜひこの選修で充実した大学生活を送り、家庭科に強い教員をめざしませんか。

主な進路

小学校教員、特別支援学校教員、地方公務員、(株)JTB、(株)ABCクッキングスタジオ、(株)北海道銀行、大学院進学等

担当教員

池﨑 喜美惠
教授
家庭科教育学
業績
教員個人サイト
倉持 清美
教授
生活科学
業績
南 道子
教授
生活科学
業績
田中 敬文
准教授
生活科学
業績
藤田 智子
准教授
家庭科教育学
業績
萬羽 郁子
講師
生活科学
業績