image2

A類幼児教育選修(平成27年度入学生〜)

学校教育系にもどる

学び合いの言葉

『幼児教育の未来を創る保育者になる』

選修の特色

本選修では、幅広く、深い理論の学びと、実践の学びを融合し、高い力量をもつ保育者を養成します。幼児教育の不易の課題と今日的課題へ対応できる保育者、幼児教育の未来を創る保育者の養成をめざしています。

学科ウェブサイト

こんな授業があります

 本選修では、大学4年間を通して保育の現場で実践的に学ぶプログラムを附属幼稚園と共同で開発しています。たとえば【保育内容総論】(2年次)では、附属幼稚園で実習を行います。学生は3、4人でグループを作り、幼稚園のクラス全体の活動を指導する場面で保育を体験します。授業の流れは、担当クラスの観察→指導案の作成・検討→模擬保育→園での実習→振り返りになります。保育の内容は、3歳児はペープサート、4歳児はパネルシアター、5歳児はルールのある体を使った遊びで、学生同士で自由に立案します。

在学生から

 みなさんは、心と頭を子どものことでいっぱいにしたことがありますか?一人ひとりと向き合い、子どもの確かな育ちを支えることが私の感じてきた幼児教育の魅力です。講義で得た知識が、現場での実習を通して実感の伴った学びとなる瞬間を幾度も経験しました。4年間ここで学んできた時間が、かけがえのない経験が、夢への思いを強くしています。あなたの求める学びがきっと、この幼児教育選修にはあります。楽しく充実した講義を展開して下さる先生方、日々素晴らしい保育を行う附属幼稚園との交流、保育士資格や小学校教諭の免許も取得できる幅広い学び等の環境は、学ぼうとする意欲や努力に必ず応えてくれます。選修の仲間は学年も関係なく仲良しで、いつも笑いが絶えません。この素敵な環境で共に学び、夢を叶えましょう!

主な進路

幼稚園教員、保育士、大学院進学等

担当教員

岩立 京子
教授
幼児教育学
業績
吉田 伊津美
教授
幼児教育学
業績
福元 真由美
准教授
幼児教育学
業績
水﨑 誠
准教授
幼児教育学
業績