image2

E類情報教育コース(平成27年度入学生〜)

教育支援系にもどる

学び合いの言葉

『社会の情報化、教育の情報化を支える』

コースの特色

社会の情報化が進み、その社会で生きるための力を育てる教育と、 情報通信技術(ICT)の教育への活用が求められています。こうした教育を学校の内と外から支える人を育てます。

学科ウェブサイト

このコースに入ったら学べること

●情報工学・情報科学分野を教育の視点から学べます。
●高等学校情報科教員の免許を取得できます。
●教育へのICT活用を支援するために必要な知識や技術を学べます。
●このコースでは次のような授業が開設されます。
・コンピュータやネットワークなど情報通信システムの仕組みに関する授業
・教育用システム等で用いられる情報処理技術に関する授業
・プログラミングやアルゴリズム、システム設計などソフトウェア開発に関する授業
・人や社会や教育とコンピュータの関係に関する授業
・情報工学・情報科学の基礎となる数学に関する授業

このコースに入った人がめざす仕事

●最先端のICTを活用した情報通信システムや教育用ソフトウェア、デジタル教材を開発し、学校の外から教育を支援する仕事(日立、NTTデータ、Softbank、Yahoo Japan、野村総研等※)
●教育現場における情報教育やICT活用を支援・指導する仕事(ICTコーディネータ、ICT支援員等)
●高等学校の情報科教員
●これからの情報教育や教育へのICT活用を担う教育者を育てる仕事(大学教員、企業研究者等)

※ 本コース前身の情報教育専攻卒業生の就職先例

このコースに来てもらいたい人

・コンピュータに興味をもっていて、コンピュータを教育や社会に役立てたいと思っている人
・教育に興味をもっていて、より良い教育にはコンピュータの活用が重要だと思っている人

担当教員

櫨山 淳雄
教授
情報科学
業績
教員個人サイト
宮寺 庸造
教授
情報科学
業績
教員個人サイト
森本 康彦
教授
情報処理センター
業績
教員個人サイト
和田 正人
教授
情報教育支援部門
業績
教員個人サイト
新藤 茂
特任教授
情報教育支援部門
業績
天良 和男
特任教授
情報科学
加藤 直樹
准教授
情報教育支援部門
業績
教員個人サイト
北澤 武
准教授
情報科学
業績
南葉 宗弘
准教授
情報科学
業績
今井 慎一
講師
技術科学
業績