image2

E類生涯スポーツコース(平成27年度入学生〜)

教育支援系にもどる

学び合いの言葉

『支えよう!健康とスポーツ』

コースの特色

このコースでは、スポーツを中心とした地域、学校、家庭の連携を実現していけるような教育支援のコーディネート力と運動指導力をもった人の育成をめざします。

このコースに入ったら学べること

●このコースでは次のような授業が開設されます。
・教育ネットワークの中の体育やスポーツのあり方について、基礎的な知識を習得する授業
・地域とスポーツの関係を社会学的な視点から学ぶ授業
・学校スポーツ支援のための心理学的な理論と実践について学ぶ授業
・ライフステージに応じた健康支援づくりプログラムの作成方法を学ぶ授業
・運動部活動における専門的な指導方法について実践的に学ぶ授業
●このコースでは中学校・高等学校の保健体育科教員の免許が取得できます。ただし、教員免許取得は必須ではありません。

このコースに入った人がめざす仕事

●学校における、運動部活動を学外から支援したり、運動会・体育祭などをサポートする仕事(スポーツ指導員、スポーツ関連企業職員等)
●体育授業に適応できない身体条件・運動能力の児童に対するサポートや改善支援、および体育指導が得意でない教員をサポートする仕事(スポーツ指導員、学校体育支援NPO職員等)
●地域における健康問題やスポーツの活性化を支援する仕事(スポーツ行政等従事者、スポーツ関連企業職員等)
●ナショナルレベルのスポーツ振興について企画、運営する仕事(各種体育協会等のスポーツ関連団体職員等)
●野外教育施設において移動教室、キャンプなどの指導に携わる仕事(自然の家職員等)

このコースに来てもらいたい人

・スポーツが得意で、教えることも好きな人
・地域の人々への健康支援、スポーツ支援に関心をもっている人
・運動が苦手な子どもたちへの支援に関心をもっている人

担当教員

神戸 周
教授
体育学
業績
繁田 進
教授
運動学
業績
瀧井 敏郎
教授
運動学
業績
松田 恵示
教授
体育学
業績
奥村 基生
准教授
体育学
業績
久保田 浩史
准教授
運動学
佐藤 耕平
准教授
健康科学
野上 玲子
特任講師
体育学
業績