Q&A

Q&A

よくある質問

Q.寄附をしたいのですが、どのような手続きが必要ですか。

A.事前にお申込みをお願いします。お申込み方法としまして、オンライン上で手続きする方法と申込書による方法(郵送・FAX・Eメールによる送付)があります。詳しくは、「寄附の方法」のページをご覧ください。

Q.法人が寄附をすることはできますか。

A.はい、できます。詳しくは寄附の方法のページの「法人としてのお申込み」をご覧ください。

Q.連名やサークル名で申し込むことはできますか。

A.はい、できます。詳しくは寄附の方法のページの「団体でのお申込み」をご覧ください。

寄附金の控除を受ける場合には、申込書と別に、寄附者明細を提出いただきますと、各個人様に領収書を発行いたします。(申込書の氏名欄には代表者名をご記入ください。)

入金確認でき次第、各個人様宛にお礼状・領収書を送付いたします。各個人様は、寄附した翌年の確定申告にて寄附金控除手続きを行ってください。

Q.寄附金は一口(1,000円)未満でも受付けていますか。

A.一つの目安額として、一口1,000円、一口以上でご協力をお願いしていますが、もちろん、一口未満でもお受けいたします。ただし、クレジットカードによる場合は一回1,000円以上をお願いしています。なお、寄附控除を受けることができるのは2,000円を超える寄附をする場合です。

Q.寄附金はどのような目的や用途に使われるのですか。

A.学芸大学の学生支援のために使わせていただきます。詳しくはHP画面下に表示の「寄附の使い途」のページをご覧ください。

Q.寄附をするとどのようなメリットがあるのですか。

A.寄附者ご芳名のHP公表、各種イベントのご案内、東京学芸大学広報誌の送付などの特典を用意しています。また、国税(所得税又は法人税)及び一部自治体の地方税(個人住民税)について、税金の控除を受けることができます。詳しくは、「寄附者への特典」のページをご覧ください。

Q.領収書の日付はいつになりますか。

A.領収書発行日は、東京学芸大学への入金日となります。寄附金申し込みの受付日やクレジットカード決済口座からの振替日ではありません。このため、寄附金の受付日が11月以降の場合は、領収書は翌年の日付となります。その場合は寄附金控除も翌年の対象になります。

Q.領収書を紛失してしまいましたが再発行してもらえますか?

A.再発行いたします。ただし「再発行」という文字が入りますので、ご了承ください。東京学芸大学総務課基金事務室まで、再発行希望の旨をご連絡ください。

Q.オンライン(またはクレジットカード)で寄附しましたが領収書が届きません。

A.領収書の発行は、決済代行会社から本学へ入金された後となります。そのため、お礼状及び領収書の発行までに、お申し込み受付から通常2ヶ月程度のお時間を要します。

Q.領収書の宛名を指定できますか。

A.領収書の宛名は、原則として、申込書等に記載された寄附者の氏名を記載します。法人の場合は、原則として法人名で発行いたします。団体寄附の場合は「団体での寄附についての詳細」をご覧ください。

Q.振込の手数料は誰が負担することになりますか。

A.東京学芸大学が負担いたします。手数料が発生する場合、手数料を引いた額をお振り込みください。

Q.寄附にあたって個人情報はどのように取扱われるのですか。

A.寄附金の募集に当たり収集、取得又は保有する個人情報は、東京学芸大学の個人情報保護規程に基づき取扱われます。また、オンライン寄附の入力情報はSSLにより暗号化して安全に送信されます。

※SSL:Secure Sockets Layerの略。インターネット上で送受信する情報を第三者が盗み見できないようにする通信技術。

資料請求・住所変更について

Q.東京学芸大学基金へ寄附を行うためのパンフレット、振込用紙等の資料請求をしたいのですが。

A.東京学芸大学総務課基金事務室にご請求ください。

Q.東京学芸大学基金へ寄附をした後、転居したので、住所変更の連絡をしたいのですが。

A.寄附金の領収書や基金に関する報告書などをお送りする際に新しいご住所が必要です。

転居された場合は、東京学芸大学総務課基金事務室まで、住所変更のご連絡をお願いいたします。

■ 東京学芸大学 総務課基金事務室 ■

   受付時間:月~金(9:00~12:00,13:00~17:00)

 

  Mail kikin60#@#u-gakugei.ac.jp

     (※「#@#」を「@」に置き換えてください。)

  Tel   042-329-7858

  Fax  042-329-7114

  住所  〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1

寄附をする
学長挨拶 寄附者の皆様 寄附の使い途