muramatsu_kaicho.jpg 東京学芸大学は、教員養成の基幹大学として有為な人材を育成することを教員理念に掲げ、教育界を中心に社会の各方面に卒業生を輩出し、発展を続けてきております。  
 本後援会は、本学の教育理念の実現を側面から支援し、本学学生の課外活動、教育実習等の実習・体験活動、就職活動、保健衛生、国際交流等の援助を通じて学生生活をより豊かにすることを目的に、昭和33年4月に設立され、様々な支援事業を行っています。  
 また、従来から実施している支援事業を一般事業として一層の内容の充実を図るとともに、課外活動施設等の改修を内容とした特別事業も行っています。
 今後も本学学生の学生生活を実り多いものとするため、会の運営に努力してまいります。

東京学芸大学学生後援会
会長 村松 泰子 (前東京学芸大学長) 

ページトップへ戻る