日本型教育の海外展開推進事業「EDU-Port 公認プロジェクト」-バンコク日本人学校の校内研究授業をタイ教育関係者に公開-

文部科学省の「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Port ニッポン)パイロット事業」(平成 28~29 年度)に、本学の「在外教育施設(日本人学校)を拠点とする日本型教師教育の国際展開モデルプロジェクト【タイ】」が公認プロジェクトとして採択されています。
算数数学授業研究プロジェクト IMPULS は、算数数学の授業研究の普及という視座から、本学国際戦略推進本部在外教育施設連携支援促進部会およびバンコク日本人学校等と連携し、本事業に参画しております。
本年度第1弾の取り組みが、平成29年7月27日(木)に、バンコク日本人学校において、タイ教育省等の教育関係者向けに行われました。具体的な取り組みの1つ目は、授業研究への深い理解の獲得を目的とした授業研究の内容・方法・意義の説明です。2つ目は、研究授業および研究協議会の実際の公開です。今後、授業研究の普及をしていくにあたって中心的な役割を果たすタイの教育関係者に、授業研究の理論と実際を示すことにより、より真正な授業研究が広がっていくと考え、この第1弾を行いました。
研究授業は、小学校2年生の児童を対象に、バンコク日本人の担任教諭により、かけ算の意味の理解やかけ算に表現するよさの感得を目指して行われました。タイの教育関係者に対して、学びを深めていく児童の様子を伝えられたとともに、質の高い研究協議会をお見せすることができました。

今後の予定
-10月:バンコク日本人学校が、タイの教育関係者(今度は教員を中心として)に対して校内研究授業を公開する。その際、東京学芸大学数学科教育学研究室が指導助言者を派遣し、質の高い研究授業及び研究協議会の実現を支援する。
-タイの現地校において現地の先生方自身による授業研究の実現を支援する。

〈関連リンク〉
EDU-Port ニッポン ウェブサイト過去の掲載記事
「日本型教育の海外展開推進事業パイロット事業」採択プロジェクトの活動について
「日本型教師教育の国際展開モデルプロジェクト」を松野文部科学大臣、タイ教育大臣に説明
日本型教育の海外展開推進事業「EDU-Port 公認プロジェクト」への参画(PDF)

日本型教育の海外展開推進事業「EDU-Port 公認プロジェクト」-バンコク日本人学校の校内研究授業をタイ教育関係者に公開-
日本型教育の海外展開推進事業「EDU-Port 公認プロジェクト」-バンコク日本人学校の校内研究授業をタイ教育関係者に公開-