髙橋智教授らの研究成果にもとづく番組がNHK「ハートネットTV」にて放送されました

HOMEにもどる

2017年5月30日、特別支援科学講座の髙橋智教授と共同研究者(内藤千尋・松本大学教育学部専任講師、本学大学院博士課程)の「発達障害等の発達上の課題・困難を有する非行少年の実態解明と発達支援構築に関する研究」にもとづいて作成された番組「シリーズ 罪を犯した発達障害者の"再出発"第1回 少年院の現場から」がNHK「ハートネットTV」にて放送されました。髙橋教授と内藤氏は、法務省矯正局・保護局と協働して2013年から現在まで、全国の少年院・少年鑑別所・保護観察所などのおける発達障害等の実態調査に取り組むとともに、今回の番組の舞台となっている少年院「茨城農芸学院」において外部専門家として発達相談に取り組んでいます。また髙橋教授は、番組でも大きく取り上げられた法務省矯正局「発達上の課題を有する在院者に対する処遇プログラム実施ガイドライン」の作成の中心を担いました。

▶︎NHK・Eテレ「ハートネットTV:シリーズ罪を犯した発達障害者の"再出発"第1夜少年院の現場から」2017年5月30日(火曜日)20:00~20:30(NHKウェブサイト)