東京都教育委員会に大学教員を長期間派遣

HOMEにもどる

 教員養成系大学と教育委員会との連携の重要性が強調される中、東京学芸大学は、将来の管理職の計画的養成を視野に、東京都教育委員会と連携協力し、大学教員を教育委員会に定期的に長期間派遣する事業を開始します。派遣期間中、教員は、教育委員会による事業の企画立案・予算編成・教育課程への指導助言、学校訪問、人事管理、議会対応など教育委員会事務局の業務を体験し、学校現場の動向を知るとともに、現職教員研修のニーズを探ることとしています。
 本事業の協定を締結したことに伴い、3月27日、國分充東京学芸大学理事・副学長が、4月から半年間派遣予定の奥住秀之教授・学長補佐(特別支援科学講座)とともに、東京都庁の東京都教育委員会を訪れ、伊東哲教育監と派遣開始に先立ち挨拶を交わしました。

〈写真〉左から出張都教委指導部長、伊東教育監、奥住教授、國分理事・副学長、冠木都教委指導企画課長

東京学芸大学 東京都教育委員会に大学教員を長期間派遣