公開講座

【64】特別支援教育の知恵を深める:第1部 多言語多文化や剥奪環境にある児童への支援

講座内容

教育現場では個別の配慮が必要な子どもに対し有効な対応が必要とされています。第1部では多言語環境にある児童の発達支援、ならびに福祉領域における乳幼児の心理的支援をテーマとし、事例を中心に紹介する中で、実践の核にある支援の方法と理論を浮き彫りにすることを試みます。第1部と第2部は両方を受講することもできますし、個別に受講することもできます。
受講対象者:特別支援教育関連の教員、臨床心理・医療・福祉関係者、保護者、学生、一般市民
講習料:3,000円
最小実施人数:50名
開催会場:S棟410教室
募集期間:6月18日〜7月30日
募集人数:150名
実施責任者:池田 一成

受講生への連絡事項

メールアドレスは添付ファイルの受信が可能なものをお知らせください。

講座スケジュール

8月20日(火)10:00~12:00

言語を育む環境づくり:日本で生まれた多言語多文化児童の発達

講師(所属)

松井 智子(本学教授(国際教育センター))

8月20日(火)13:00~15:00

児童福祉領域における乳幼児期の評価と支援

講師(所属)

壽圓 正仁(川崎市こども家庭センター児童心理司)