お知らせ
  H28.11.1   東京学芸大学とマイクロソフトでソフトウェアの総合契約を行い,本学の大学生が
所有するパソコンへOffice365ProPlusをインストールして利用できるようになりま
した。
 

・利用対象者
  東京学芸大学に在籍する大学生(教育学部,大学院,連合学校教育学研究科,専攻科)

・利用可能なソフトウェア等(平成28年11月1日現在)
   総合契約版Office(大学生用)
     Winidows版,Macintosh版,Android版,iOS版のMicrosoft Office製品
        (Word,Excel,PowerPoint,OneNote,Outlook,Publisher,Access)

     Microsoft OneDrive for Business (容量1TBのクラウドディスク)

・インストールヘルプデスク
  以下の利用方法を見てもパソコン等へのインストール方法がよくわからないときは,日本マイクロ
  ソフトで導入支援の窓口を開設していますのでご活用ください。

    日本マイクロソフトOffice インストールヘルプデスク
     TEL:03-4530-6175 受付時間:10:00~17:00(土日祝日等を除く)
     msos@microsoft.com

  また,情報処理センター(042-329-7710)でも対応いたします。

・利用方法

   1.学内,学外を問わず学芸大生の所有するパソコンで利用できるソフトウェア等
      MicrosoftOffice365ProPlusは,利用対象者一人に対して,3種類のデバイス(パソコン,
     Smartphone,Tablet)毎に5ライセンスが許諾されており,最大15のデバイスで使用でき
     ます。

WindowsPC
Macintosh
Microsoft Office 365 Pro Plus5台のWindowsPCまたはMacintoshにインストール可能です。
スマートフォン
5台のスマートフォンにインストール可能です。
タブレット
5台のタブレットにインストール可能です。
クラウドサービスOneDrive for Businessセットアップは特に必要ありません。大学メールアドレスをIDとして1TBのOneDriveが利用可能です。
 

   2.Office365ProPlusの利用方法

目 次
(1) Office365ProPlusの利用開始手順(WindowsPC)
(2) Office365ProPlusの利用開始手順(Macintosh)
(3) Office365ProPlusの利用開始手順(Android-Tablet,Smartphone)
(4) Office365ProPlusの利用開始手順(iOS-iPad,iPhone)
(5) ライセンスの使用状況の確認
(6) 使用しなくなったOffice365ProPlusのアンインストール(WindowsPC)
(7) 使用しなくなったOffice365ProPlusのアンインストール(Macintosh)

      ・利用上の注意事項
        ・在学期間中に限り利用できます。
        ・定期的に利用対象者の確認(ライセンス認証)が行われます。
        ・ライセンス認証は,学内,学外を問わず,PC等がインターネットに接続されていれば,
         利用者が意識することなく自動で行われます。
        ・ライセンス認証が行われないまま150日が経過すると,機能が制限されるようになり,
         ライセンス認証を促されます。さらに30日(計180日)が経過すると,使用できなく
         なります。
 


    (1) Office365ProPlusの利用開始手順(WindowsPC)

・パソコンにインストールされているOfficeを更新する場合
  既にパソコンにインストールされているOfficeを「総合契約版Office(大学生用)」
 に更新したい場合は,お手数ですが,「(6)使用しなくなったOffice365ProPlusの
 アンインストール」を参考にして,インストールされているOfficeを削除してから,
 以下の新規インストールを行ってください。
 
・新規インストール (WindowsPC)
  (1)-1 Office365ProPlusをインストールしたいパソコンを起動し,以下の操作を実行
     します。

  (1)-2 ブラウザでOffice365メールにサインインしてください。

  (1)-3 表示された画面左上の「Office365」タイトルをクリックしてください。

  (1)-4 画面右上の「Office 2016(※) をインストールする」をクリックします。
      ※OSのバージョンによって,インストール可能なOffice(Office2016,Office
        2013など)が自動選択されています。
        インストールするOfficeのバージョンや64/32bitなどを確認,設定した
        い場合は「その他のインストール」をクリックして表示された画面で
        調整します。

  (1)-5 「今すぐインストール」をクリックしてください。
      インストールに必要なファイルのダウンロードがはじまります。

  (1)-6 ダウンロードしたファイルを実行してください。インストールが開始します。

  (1)-7 インストール完了のメッセージウインドウが表示されたら「閉じる」をクリッ
     クします。

  (1)-8 ブラウザ内に表示されている「まだいくつか手順があります」のメッセージも
      「閉じる」で終了します。
 
      以上でインストールは完了です。Wordなどの初回起動時にライセンス認証画面が表示された
     場合は,ライセンスを登録する大学メールアドレスとパスワードを使用して認証を完了してく
     ださい。
目次へ戻る

    (2) Office365ProPlusの利用開始手順 (Macintosh)

・パソコンにインストールされているOfficeを更新する場合
  既にパソコンにインストールされているOfficeを「総合契約版Office(大学生用)」
 に更新したい場合は,お手数ですが,「(7)使用しなくなったOffice365ProPlusの
 アンインストール」を参考にして,インストールされているOfficeを削除してから,
 以下の新規インストールを行ってください。
 
・新規インストール (Macintosh)
  (2)-1 Office365ProPlusをインストールしたいパソコンを起動し,以下の操作を実行
     します。

  (2)-2 ブラウザでOffice365メールにサインインしてください。

  (2)-3 表示された画面左上の「Office365」タイトルをクリックしてください。

  (2)-4 画面右上の「Office 2016(※) をインストールする」をクリックします。
      ※OSのバージョンによって,インストール可能なOffice(Office2016,Office
       2011など)が自動選択されています。
        インストールするOfficeのバージョンや64/32bitなどを確認,設定した
        い場合は「その他のインストール」をクリックして表示された画面で
        調整します。

  (2)-5 「今すぐインストール」をクリックしてください。
      インストールに必要なファイルのダウンロードがはじまります。

  (2)-6 ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてマウントします。
      ブラウザにSafariを使用している場合,右上にダウンロードの状況が小さく
      表示されています。クリックすると,ダウンロード状況が大きいウィンドウ
      で表示されますので,ダウンロードが完了するまで待ち,完了したらその
      画面をダブルクリックします。

  (2)-7 インストールが開始します。表示されている画面の内容にしたがって,「続
     ける」,「同意する」などをクリックし,インストールを完了します。
  (2)-8 Office2011の場合,インストールの途中でライセンス認証画面が表示されます。
     「既存のOffice365サブスクリプションにサインインします。」を選択し,大学
     メールアドレス,パスワードを使用してライセンス認証を行ってください。
 
      以上でインストールは完了です。Wordなどの初回起動時にライセンス認証画面が表示された
     場合は,ライセンスを登録する大学メールアドレスとパスワードを使用して認証を完了してく
     ださい。
目次へ戻る

    (3) Office365ProPlusの利用開始手順(Android-Tablet,Smartphone)

       Google「Playストア」からWord,Excelなどの使用するアプリをダウンロードし,
      「職場または学校アカウント」に「大学メールアドレス」を使用してライセンス認証
      (サインイン)を行います。
       ライセンス認証を行うと,無料版の機能制限が解除され,すべての機能が使用できます。
       詳しくは以下のマイクロソフト公式サイトの手順をご覧ください。

  Android で Office をインストールしてセットアップする
  (マイクロソフト公式サイト)

          ・Android版Officeの利用は以下の要件を満たしている必要があります。
            Android KitKat 4.4.X 以上
            1 GB 以上の RAM/10.1 インチ以下のサイズの画面

目次へ戻る

    (4) Office365ProPlusの利用開始手順(iOS-iPad,iPhone)

       「Apple AppStore」からWord,Excelなどの使用するアプリをダウンロードし,
      「職場または学校アカウント」に「大学メールアドレス」を使用してライセンス認証
      (サインイン)を行います。
       ライセンス認証を行うと,無料版の機能制限が解除され,すべての機能が使用できます。
       詳しくは以下のマイクロソフト公式サイトの手順をご覧ください。

  iPhone または iPad に Office をインストールしてセットアップする
  (マイクロソフト公式サイト)

          ・iOS版Officeの利用は以下の要件を満たしている必要があります。
            iOS 8.0 以降

目次へ戻る

    (5) ライセンスの使用状況の確認

  (5)-1 ブラウザでOffice365メールにサインインしてください。

  (5)-2 表示された画面右上の「歯車のアイコン」をクリックし,「個人用のアプリ」の
     項目内の「Office365」をクリックします

  (5)-3 次に表示された画面左の「インストールステータス」をクリックします。
     インストールしたデバイスの名前等で一覧が表示されます。
 

       廃棄等で使用していないパソコン等などにライセンスが割り当てられている場合は,一覧
      から該当するパソコン等の項目内の「非アクティブ化」をクリックすることで,そのパソコ
      ン等への割り当てを解除できます。

目次へ戻る

    (6) 使用しなくなったOffice365ProPlusのアンインストール(WindowsPC)
      ・各OSのアンインストール機能を使用して,「Office365ProPlus」をアンインストール
       してください。

・Windows10の場合
  (6)-1-1 「スタートボタン」をクリックし,「設定(または歯車のアイコン)」-
       「システム」-「アプリと機能」をクリックします。

  (6)-1-2 右側に表示されたアプリの一覧から「Office365ProPlus」と記載のある項
      目をクリックし,「アンインストール」をクリックします。

・Windows8.1の場合
  (6)-2-1 「スタートボタン」を右クリックし,「コントロールパネル」をクリック
       します。

  (6)-2-2 「プログラムのアンインストール」をクリックします。
        ※右上の表示形式が「カテゴリ」以外になっている場合は,「カテゴリ」
         に変更してください。

  (6)-2-3 表示されたアプリの一覧から「Office365ProPlus」と記載のある項目を
      クリックし,上の見出しに表示された「アンインストール」をクリック
      します。

・Windows7の場合
  (6)-3-1 「スタートボタン」をクリックし,「コントロールパネル」をクリック
       します。

  (6)-3-2 「プログラムのアンインストール」をクリックします。
        ※右上の表示形式が「カテゴリ」以外になっている場合は,「カテゴリ」
         に変更してください。

  (6)-3-3 表示されたアプリの一覧から「Office365ProPlus」と記載のある項目を
      クリックし,上の見出しに表示された「アンインストール」をクリック
      します。

目次へ戻る

    (7) 使用しなくなったOffice365ProPlusのアンインストール(Macintosh)
       Office365ProPlusのMacintoshからのアンインストールは以下のマイクロソフト公式
      サイトの情報でご確認願います。

 (7)-1 Office2016 for Mac をアンインストールする(マイクロソフト公式サイト)
 (7)-2 Office2011 for Mac をアンインストールする(マイクロソフト公式サイト)

目次へ戻る
 

 

 


東京学芸大学 情報基盤整備推進本部