東京学芸大学生命科学分野

岩元明敏

 
 

このページでは東京学芸大学生命科学分野・准教授、岩元明敏の研究・教育に関する活動を紹介しています。

【現在の主要な研究テーマ】

シロイヌナズナの根端成長に関する数理モデルを用いた細胞動力学的解析


   プロフィール




所属

東京学芸大学

教育学部自然科学系

広域自然科学講座

生命科学分野


職名

准教授


学位

博士(理学)


専門

植物学(植物形態学)


受賞歴

JPR Best Paper Award 2007

2007年度日本植物形態学会奨励賞

2016年度日本植物形態学会平瀬賞



    本年度の

主な授業担当科目




<学部>

植物形態学

植物学野外実習

生物学実験

入門生物学

理科特別研究C

初等理科教育法


<大学院>

植物形態学

植物形態学演習


    所属学会




日本植物学会

日本植物形態学会

日本植物分類学会

日本植物生理学会


Botanical Society of America


    連絡先




〒184-8501東京都小金井市貫井北町4-1-1

東京学芸大学教育学部

自然科学系広域科学講座

生命科学分野 


akitoshi@u-gakugei.ac.jp

(スパム対策のため、@が全角になっています。送信の際は半角にして下さい)


    リンク




東京学芸大学

植物学会

植物形態学会

エジンバラ植物園

Y-LIST

 

オモダカ目植物の花発生に関する形態学的研究

【最近の研究業績(2013〜2016)】

Theodor C.H. Cole, Haetmut H. Hilger and Akitoshi Iwamoto. (2016) Japanese version of: COLE TCH, HILGER HH (2016) Angiosperm Phylogeny Poster - Flowering Plant Systematics, DOI: 10.13140/RG.2.1.2293.4007


Akitoshi Iwamoto, Ryoko Izumidate and Louis Philip Ronse De Craene. (2015) Floral anatomy and vegetative development in Ceratophyllum demersum (Ceratophyllaceae): morphological picture of an "unsolved" plant. American Journal of Botany, 102(10).


Kosuke Kobayashi, Toshiya Suzuki, Eriko Iwata, Norihito Nakamichi, Takamasa Suzuki, Poyu Chen, Misato Ohtani, Takashi Ishida, Hanako Hosoya, Sabine Müller, Tünde Leviczky, Aladár Pettkó-Szandtner, Zsuzsanna Darula, Akitoshi Iwamoto, Mika Nomoto, Yasuomi Tada, Tetsuya Higashiyama, Taku Demura, John H. Doonan, Marie-Theres Hauser, Keiko Sugimoto, Masaaki Umeda, Zoltán Magyar, László Bögre and Masaki Ito (2015) Transcriptional repression by MYB3R proteins regulates plant organ growth. EMBO Journal, 34(10).


Louis Ronse De Craene, Akitoshi Iwamoto, Kester Bull-Hereñu, Patricia Dos Santos, Javier A. Luna, and Jennifer Farrar. (2014) Understanding the structure of flowers—the wonderful tool of floral formulae. Taxon. 63 (5), 67-71.


岩元明敏, Louis Ronse De Craene

エジンバラ植物園における野外実習 : 本学「植物学野外実習」との比較

東京学芸大学紀要. 自然科学系, 66: 45-51. 2014


岩元明敏

著書:冬芽と環境-植物たちの越冬(八田洋章編)

「広義サクラ属の冬芽の多様性と進化 —冬芽は系統を反映するか?—」

pp237-252, 北隆館(東京). 2014年.


Akitoshi Iwamoto, Eri Kondo, Hirotomo Fujihashi and Munetaka Sugiyama. (2013) Kinematic study of root elongation in Arabidopsis thaliana with a novel image-analysis program. Journal of Plant Research. 126 (1), 187-192.


Akitoshi Iwamoto and Tomohiko Inoue. (2013) Variation in shoot organization of Cynodon dactylon: is it the grass with an opposite phyllotaxy? Plant Morphology. 25 (1), 101-103.


Akitoshi Iwamoto and Munetaka Sugiyama. (2013) Mathematical-model-assisted analysis of root growth using microscope images (in Japanese). Plant Morphology. 25 (1), 67-71.

*現在、研究費の助成を受けているものについてはリンクを貼ってあります。


2016年9月17日に第80回日本植物学会にてJPR国際シンポジウムを行いました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

9/17 9:30〜12:05 C会場

Floral development –Re-evaluation of its importance–

Floral development as a reflection of change in the evolution of angiosperm flowers

Louis Ronse De Craene (Royal Botanic Garden Edinburgh)


Floral morphology and evolution in Nartheciaceae (Dioscoreales)

Hiroshi Tobe (Kyoto University)


Floral meristem size and organ number correlates in Eucryphia Cav.

Kester Bull-Hereñu (Museo Nacional de Historia Natural)


Floral development in Ceratophyllum demersum: Influence of mechanical force in phyllotactic patterns

Akitoshi Iwamoto (Tokyo Gakugei University)


Statistical analysis for variation in floral organ numbers and arrangements

Miho Kitazawa (Center for Education in Liberal Arts and Sciences)


From meristem to pollen presentation: functional diversification of the stamen

Regine Claßen-Bockhoff (Institut für Spezielle Botanik, Johannes Gutenberg-Universität Mainz)

【研究材料としている主な植物】