No.24

 気象観測入門

〖日 時〗
2011年10月13日 13:30 〜 17:00
〖担 当〗
佐藤 尚毅
〖会 場〗
東京学芸大学自然科学研究棟1号館 M102

研修の概要

 中学校の理科第2分野で行なわれる気象観測に関連した研修である。実際に大学キャンパス内で気温、湿度、気圧、風向・風速の観測を行なう。教科書の内容そのものというよりは、教員養成課程の学生を対象にするような、やや高いレベルの観測を行なうが、気象観測の経験がなくても参加できる。大学キャンパス内を移動して、日射や地表面の条件による違い、または地上と屋上の間の高度による違いの測定、解析を予定しているが、気象条件によっては屋内での実習になる場合もある。 当日の天候は曇り(時々薄日がさす)であり、日なたと日かげの違いはあまり大きくなかったが、予定通り実施した。

準備1 5分 各種用紙の配布
準備2 10分 観測機材の準備
観測1 45分 屋上での観測
観測2 45分 地上での観測
休憩 10分  
解析1 30分 解析編(1)~(2)
解析2 30分 解析編(3)~(4)
解析3 20分 解析編(5)
考察 10分 各種気象情報との比較
まとめ 5分 まとめ