生物と河川環境の変化を理解するシミュレーション

〖日 時〗
2013年 10月 30日 13:30 ~ 17:00
〖担 当〗
真山 茂樹

 海外の河川のビデオおよび、過去の日本の河川の写真ならびに現在の海外の河川の写真をパワーポイントで紹介し、さらに国別の水使用のグラフなどを提示しながら、河川汚染の問題と住民意識との関係を考察した。その後、指標生物である珪藻について、ビデオや写真を見ながらその生物学的性質を紹介した。次いで、水質判定ソフトウェアであるSimRiverを用いて、河川流域環境をさまざまに変化させシミュレーションを行い、生物多様性と流域環境の関係、土地利用と水質の関係、人口と水質の関係、下水処理場の効果について実践的に学習を行い、従来的に抱いていた予想の検証を行った。