航空機を用いた教員研修

 研修に参加する教員は,パラボリックフライト中の航空機内に生じる無重力場で,重さのなくなる世界を体験するとともに複数の実験を行い,研修後に授業で使用することのできるビデオ教材を制作する。また,機内で放射線を測定し,放射線量が高度によってどのように変化するかを確かめた。また,実験フライトに先立ち,無重力場の力学,宇宙から飛来する放射線,高層気象と雲についての講義を受講するとともに,機内で行う実験のいくつかは,受講生自身が互いに相談しながら実験の計画・準備を行った。

 なお,パラボリックフライトは,ダイヤモンドエアサービス株式会社がMU-300を用いて実施した。

 今回の研修は,本物や実体験を重視した研修であり,探究的な取り組みのできる研修である。機内で実施する実験は,ASCeSTで準備するテーマ(課題テーマ)に加え,研修参加者自身が計画して実施するもの(自由テーマ)から成る。後者については,児童生徒の声を取り入れながら計画・実施することができる。また,機内で行った実験や無重力の様子は,ビデオで記録し,映像教材として学校の授業で活用できる。

 この研修は4回の事前研修,実験フライト,1回の事後研修から成る。実施された日時は以下の通りである。

7/20(土) 14:00-16:00 ガイダンス(理科教育学分野 鎌田正裕)
8/1(木) 14:00-16:00 微小重力場実験の紹介(理科教育学分野 鎌田正裕)
自由実験の提案・意見交流
8/6(火) 10:00-12:00
13:30-16:00
高層気象の基礎知識(宇宙地球科学分野 佐藤尚毅)
自由実験の動作確認
8/16 (金) 10:00-12:00
13:30-16:00
微小重力に関する物理学(物理科学分野 植松晴子)
自由実験の動作確認
8/21(水) 13:00-16:00 自由実験の動作確認
8/26(月) 14:30-17:00 第1班・実験準備(DAS)
8/27(火) 9:00-14:00
14:30-17:00
第1班・実験フライト・後片付け(DAS)
第2班・実験準備(DAS)
8/28(水) 9:00-14:00 第2班・実験フライト・後片付け (DAS)
9/13(金) 17:00-18:00 実験結果報告会
データ,VTR整理など。

 〔研修中の様子〕

2013.8.1  学芸大学での研修
ガイダンス及び微小重力場実験の紹介 自由実験の提案・意見交流

2013.8.27 実験フライト中

2013.8.27

2013.8.28