生徒の相互作用を重視した物理授業

日時:2014年8月28日(木)9:00~12:30 会場:M102
担当:新田 英雄

 I 研修の概要
物理学は伝統的な講義形式の授業では身につかないこと,能動的学習を導入する必然性があること等を,米国の物理教育研究の歴史を踏まえて概説しました。また,人間の思考過程や記憶のメカニズムを,体験を通して学んでもらいました。 次に,最も簡単な能動的学習法の一つであるピア・インストラクションを紹介し,実際にオーディエンス・レスポンスシステム(クリッカー)を用いたピア・インストラクションを体験してもらいました。なお,実践例の中で,大変優れたフリーの科学シミュレーションソフトウェアであるPhETを紹介し,その授業での使い方を例示しました。