美術教育学研究室


『美術教育とは、主に学校教育における情操教育を目標とする「美術による教育Education through Art」と、美術に関する職業的専門家を養成する「美術の教育Education for Art」、さらに展覧会、美術館などの社会教育の一環としての教育活動などが挙げられます。
美術教育学研究室では、上記の「美術教育」に関する知識や実践を基に、学生個人の「美術教育」に対する理念の構築、明確化を行っております。
また、担当教員のサポートの元、卒業論文の制作に向けて、学生一人一人が「美術教育」に対する独自の問題意識をもち、研究に取り組んでいます。
研究方法は、実践や題材、歴史、カリキュラム研究など多種多様にわたり、美術教育のさらなる発展に努めています。』