Home English

2007-2009年度研究業績(三田研究室)


[論文発表]

Mita, M., Yoshikuni, M., Ohno, K., Shibata, Y., Paul, B., Pitchayawasin, S., Isobe, M., and Nagahama, Y. (2009) A relaxin-like peptide induces oocyte maturation in stafish, Asterina pectinifera. Proc. Nat. Acad. Sci. USA, 106 (23): 9507-9512.

Mita, M., Ito, C., Kubota, E., Nagahama, Y., and Shibata, Y. (2009) Expression and distribution of gonad-stimulating substance (GSS) in various organs of the starfish Asterina pectinifera. Ann. N. Y. Acad. Sci., 1163: 472-474.

Mita, M., Yamamoto, K., Yoshikuni, M., Ohno, K., and Nagahama, Y. (2007) Preliminary study on the receptor of gonad-stimulating substance (GSS) as a gonadotropin of starfish. Gen. Comp. Endocrinol.,153: 299-301.

Mita, M., Sato, J., Hirosawa, Y., and Nakamura, M. (2007) Gonadal maturation is dependent on body-size in the sea urchin, Echinometra tsumajiroi. Invert. Reprod. Develop., 50 (4): 187-190.

Mita, M., Uehara, T., and Nakamura, M. (2007) Effect of temperature on interaction between eggs and spermatozoa in four closely related species of sea urchins (genus Echinometra). Invert. Reprod. Develop., 50 (4): 181-187.

三田雅敏, 伊藤知佳, 指宿明星 (2007) 男女の思考パターンに違いはあるか?:男脳・女脳の分析. 東京学芸大学紀要 自然科学系 59: 37-41.


[学会発表]

Mita, M., Yamamoto, K., Ohno, K., and Nagahama, Y.: Synthesis and hormonal action of a relaxin-like gonad-stimulating substance (GSS) in starfish (Asterina pectinifera). 6th Intercongress Symposium of the Asia and Oceania Society for Comparative Endocrinology (Palmerston North, New Zealand) 2010年1月19日

三田雅敏: 造礁サンゴのバンドルの浮遊性とワックスエステルについて. 研究会:サンゴ礁生態系の生殖・再生基盤の確立 (琉球大学熱帯生物研究センター瀬底研究施設, 沖縄) 2010年2月10日

三田雅敏: ヒトデ生殖巣刺激物質 (GSS) とその作用機構. 海産無脊椎動物研究会−基礎から応用(愛媛大学南予水産研究センター, 愛媛) 2009年3月10日

Seale, A. P., Mita, M., Hirano, T., and Grau, E. G.: Involvement of the cAMP messenger system in tilapia prolactin cell signal transduction during freshwater adaptation. 16th International Congress of Comparative Endocrinology (Hong Kong, China) 2009年6月23日

Mita, M., Yoshikuni, M., and Nagahama, Y.: A relaxin-like peptide purified from radial nerves induces oocyte maturation and ovulation in the starfish, Asterina pectinifera. 16th International Congress of Comparative Endocrinology (Hong Kong, China) 2009年6月25日

三田雅敏, 山本和俊, 柴田安司, 大野 薫, 長濱嘉孝: イトマキヒトデ放射神経由来のレラキシン様ペプチド、生殖巣刺激ホルモン(GSS)の作用機構. 第80回日本動物学会(グランシップ静岡, 静岡) 2009年9月19日

吉国通庸, 三田雅敏, 大野薫, 山野恵祐: 棘皮動物の生殖を司る神経ペプチド. 第34回日本比較内分泌学会・第31回日本比較生理生化学会合同大会 (千里ライフサイエンスセンター, 大阪) 2009年10月22日

三田雅敏, 中村 將, 山本和俊, 大野 薫, 柴田安司, 長濱嘉孝: イトマキヒトデのリラキシン様生殖腺刺激ホルモン(GSS)の作用機構. 第34回日本比較内分泌学会・第31回日本比較生理生化学会合同大会(千里ライフサイエンスセンター, 大阪) 2009年10月23日

Mita, M.: Regulatory mechanism of starfish oocyte maturation bygenitalin. Sex Determination and Gametogenesis in Fish: Current Status and Future Directions(University of Hawaii, Honolulu, Hawaii, U.S.A.) 2008年6月1日

Mita, M.: Hormonal regulation of oocyte maturation in starfish. The 2008 Edwin W. Pauley Summer Program in Marine Biology(Hawaii Institute of Marine Biology, Kaneohe, Hawaii, U.S.A.) 2008年7月23日

Mita, M., Ito, C., Kubota, E., Nagahama, Y., and Shibata, Y.: Expression and distribution of gonad-stimulating substance (GSS) in various organs of the starfish Asterina pectinifera. 24th Conference of European Comparative Endocrinologists (The Old Harbour Congress Center, Genoa, Italy) 2008年9月3日

三田雅敏,久保田絵里,長濱嘉孝,柴田安司: イトマキヒトデ生殖巣刺激ホルモン、ゲニタリン (genitalin)の各組織における分布と発現. 第33回日本比較内分泌学会大会(広島大学,広島) 2008年12月5日

伊藤知佳, 三田雅敏: イトマキヒトデにおける生殖巣刺激ホルモン(GSS)の組織分布. 日本動物学会第78回大会(弘前大学, 弘前) 2007年9月20日

三田雅敏, 吉国通庸, 大野 薫, 長濱嘉孝: イトマキヒトデ生殖巣刺激ホルモン(GSS)の作用機構:種特異性について. 日本動物学会第78回大会(弘前大学, 弘前) 2007年9月20日

新目 鞠, 山本和俊, 三田雅敏: イトマキヒトデ卵黄形成期における濾胞細胞の生殖巣刺激ホルモン(GSS)に対する感受性の変化. 日本動物学会第78回大会(弘前大学, 弘前) 2007年9月20日

山本紗弥香, 山本和俊, 三田雅敏: イトマキヒトデ精巣間細胞に対する生殖巣刺激ホルモン(GSS)の作用機構. 日本動物学会第78回大会(弘前大学, 弘前) 2007年9月20日

指宿明星, 横田幸雄, 小松美英子, 三田雅敏: イトマキヒトデ主要卵黄タンパク質(MYP)の組織分布と初期発生過程における変化. 日本動物学会第78回大会 (弘前大学, 弘前) 2007年9月20日

三田雅敏: ナガウニ類4種における生殖隔離の検討 − 卵と精子の相互作用. 日本動物学会第78回大会 “シンポジウム: ナガウニ類の「種分化」の実体とウニ類の「種概念」について” (弘前大学, 弘前) 2007年9月22日

三田雅敏, 新目 鞠, 山本紗弥香, 山本和俊: イトマキヒトデ生殖巣の成熟に伴う生殖巣刺激ホルモン,ゲニタリン(genitalin)に対する感受性の変化. 第32回日本比較内分泌学会大会(日光プリンスホテル, 日光)2007年10月12日

Mita, M., Shinme, M., Kato, S., and Oba, Y.: Involvement of S-adenosylmethionine in 1-methyladenine production by the action of gonad-stimulating substance on starfish ovarian follicle cells. 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会(パシフィコ横浜, 横浜) 2007年12月12日

Kamata, Y., Uehara, T., Nakamura, M., and Mita, M.: Differentiation of the bindin proteins in four closely related species of sea urchins (genus Echinometra). 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会(パシフィコ横浜, 横浜) 2007年12月12日

Copyright 2006 mita_lab. All rights reserved.
トップページへ