教育臨床研究部門

ようこそ教育臨床研究部門へ
当部門では,教師のための教育相談(FAX・電子メール)を受け付けています。

鉛筆bar

相談は常時受け付けしてます
E-mail図

電子メールによる教育相談
ここをクリック(不登校の広場)

FAXによる教育相談
042-329−7698
FAX図

電話による相談は2001年前学期をもって終了しました。

鉛筆bar

東日本大震災特設先生のためのメール相談

ここをクリック

鉛筆bar

主な相談内容

児童・生徒の性格・行動に関する問題(いじめ、不登校、非行)

児童・生徒の情緒、身体、神経に関する問題(心身症状、神経症状)

心身障害児童・生徒に関する問題(視覚・聴覚生涯)

学習指導に関する問題(学業不振、学習障害など)

進路指導に関する問題(進路選択、就学相談など)

学級経営に関する相談

教科内容、教科指導に関する相談

学校経営、行財政、教育法規など教育経営に関する相談

研究資料などに対する問い合わせ

専門機関への申込み方法・紹介などの情報提供
あつまれ不登校の広場のホームページにも紹介がございますので、リンクさせていただいております。)

教師自身の悩み相談

鉛筆bar

相談対応者はプライバシーを守ります

相談をお受けするのは、心理学や教育学を専門とする東京学芸大学の教官です。
ご相談いただいた内容は、固く秘密厳守いたします。

鉛筆bar

本ホームページに関する質問・問い合わせ
東京学芸大学 教育実践総合センター
教育臨床開発指導部門
e-mail: oya @ u-gakugei.ac.jp
東京都小金井市貫井北町4−1−1(電話:042-329-7695)
教育実践総合センターホームーページへ戻る