公開研究会 2007年10月 4日

台湾の教員養成系大学における教育実習制度の現状と課題

 東アジア地域の教育改革が進む中、それを支え推進するにあたっての教員養成、教師教育のあり方も、様々なレベル・場面で議論されつつあります。
 本教員養成カリキュラムセンターにおいても、今年5月に韓中日の教員養成シンポジウムを開催し、その議論の場を設けてきました(報告書、残部有ります)。
 今回は、台湾における教員養成系大学における教員養成システム、その中での教育実習に焦点を当て、そのねらいと実際、課題等についてお話しいただく予定です。
 お忙しいことと思いますが、東アジア地域での教育改革・教員養成制度改革の実際に学びながら、今後の教員養成・教育実習のあり方について意見交換、情報交換しましょう。
 入場は無料ですので学生・院生の方もご参加ください。

☆ 日 時  2007年10月4日(木)
         10時−12時

☆ テーマ  「台湾の教員養成系大学における教育実習制度の現状と課題」

☆ 講 師  楊 思偉 教授(台中教育大学長)

☆ 会 場  教員養成カリキュラム開発研究センター会議室
        (芸術・スポーツ科学系研究棟2号館 2階)