• HOME
  • シンポジウム

シンポジウム

第18回(2017年度)シンポジウム
学びの原点に立ち返る―「理科」と「社会科」の間―

日時: 2017年12月17日(日)13時〜16時
場所: 東京学芸大学小金井キャンパス 中央講義棟 C303教室

 社会科と理科は、社会科学と自然科学という異なる学問体系を背景とし、相補的なものとして位置づけられることが多いが、私たちが生きているこの世界のありようを発見し、理解し、それに自主的にかかわっていこうとする資質を育てるという目的は共通しています。これらの教科を通しての学びは、子どもが生きる上でどのような力と糧になるのか。教員養成の現場から、宇宙物理学と理科教育を専門とする小林晋平氏、元日本社会科教育学会長で社会科教育(主に歴史教育)と韓国教育を専門とする坂井俊樹氏、環境教育と教育学を専門とする原子栄一郎氏をお迎えし、分野の垣根を超えて議論します。彼らが教科学習の目的をどう語るかを聴き合い、参加者とともに議論を交わすことで、学びの原点に立ち返って「未来のカリキュラム」を構想していきます。学校現場の先生方、大学の研究者、学生、市民の皆さまの参加をお待ちしています。参加申し込み不要・参加無料です。

プログラム:
提案1「人にとって学びとは何かー世界を面白がる方法としての物理学ー」
  小林 晋平(東京学芸大学自然科学系物理科学分野准教授)

提案2「社会事象に関する「事実」とは何かー歴史教育の視点からー」
  坂井 俊樹(開智国際大学教育学部長、東京学芸大学名誉教授、元日本社会科教育学会会長)

提案3「「人間として生きる」学び:環境教育という地平から」
  原子 栄一郎(東京学芸大学環境教育研究センター教授)

司会:金子 真理子(東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター教授)

チラシ(PDF)

お問い合わせ:
東京学芸大学教員養成カリキュラム開発研究センター
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
電話 042-329-7776(事務室) e-mail: currict*u-gakugei.ac.jp(*は@)



過去のシンポジウム

シンポジウム記録集をご希望の方は、下記までご連絡ください。
currict*u-gakugei.ac.jp(*は@にしてください)

15●第17回(2016年度)
アクティブ・ラーニングと教師の力量:小学校理科を主題に
2016年11月27日(日)
15●第16回(2015年度)
「21世紀型学力」と教師の役割
2015年12月13日(日)
15●第15回(2014年度)
東日本大震災と学校教育―放射能問題に取り組む教育実践―
2014年11月30日(日)
14●第14回(2013年度)
社会・学校改革の過渡期における教員養成を考える
2013年12月7日(土)
14M●国際シンポジウム(2013年度)
「教師教育者」の在り方を探る―中国の大学の取組を手がかりに―
2013年2月22日(金)
13●第13回(2013年度)
授業を構成する力を育てる
2013年1月12日(土)
12●第12回(2011年度)
教員養成をめぐるコラボレーション−大学・学校・教育委員会
2011年12月3日(土)
11●第11回(2010年度)
教師の学びを科学する
2010年12月4日(土)
10●第10回(2009年度)
海外から見た日本の教員養成
2009年11月21日(土)
10m●ミニシンポジウ(2009年度)
教師教育の改革動向−アジア諸国と日本−
2009年11月20日(金)
09●第09回(2008年度)
高等教育機関としての『教師教育』の質保証を考える
2008年11月30日(日)
09m●シンポジウ(2008年度)
教師の『専門性・専門職性』を考える
2008年11月28日(金)
08●第08回(2007年度)
教職大学院構想を契機とした教育系大学院の再編を考える
2007年12月01日(土)
08m●国際シンポジウム(2007年度)
大学における現職教員研修を考える −韓・中・日の比較から−
2007年05月22日(火)
07●第07回(2006年度)
教員養成における教職大学院の意味を問う
2006年10月21日(土)
06●第06回(2005年度)
教師の成長と学校・仲間−教員養成と「現場」との接点を探る−
2005年11月19日(土)
05●第05回(2004年度)
これからの学校教育と教員養成カリキュラム−授業研究をとおした教師の学びとその支援
2004年12月04日(土)
04●第04回(2003年度)
これからの学校教育と教員養成カリキュラム−魅力ある授業の創造と教師の資質・能力−
2004年01月31日(土)
03●第03回(2002年度)
これからの学校教育と教員養成カリキュラム−新教育課程のもとで教師をどうサポートするか
2003年01月25日(土)
02●第02回(2001年度)
これからの学校教育と教員養成カリキュラム−公教育を支える「大学」を考える−
2002年01月26日(土)
01●第01回(2000年度)
これからの学校教育と教員養成カリキュラ
2001年03月17日(土)

TOP