2012年度秋学期 全学留学生対象日本語科目シラバス

日本語2 総合B

横山和子(よこやま かずこ)月4 N313

目標
日本社会の理解につながる文章を読み、読解力をつけるとともに、テーマにそって自分
の意見を論理的に表現できるようにします。
内容
「ライフ・ヒストリー」「好きな言葉」「若者」「外国人 」の4つのテーマで、図書、新聞記事、統計資料などを読み、現代日本社会についての理解を深めます。内容を予測しながら文章を読む力、読みとった内容を日本語で表現する力、物事に対する自分の意見を論理的に述べる力をつけることを目指します。
テキスト
コピーを配布します。
成績評価方法
出席・授業への積極性50%、活動(内容・日本語)50%

日本語2 作文B1

許夏玲(フイ ハーリン)月3 N313

目標
自分の意見を述べたり、待遇表現が使えるようになる。
内容
様々な分野での文章の書き方、スタイルを学ぶと同時に、日本語の文章を書くために必要なルールを学ぶ。
テキスト
プリント配布
成績評価方法
出席50% 宿題50%

日本語2 作文 B2

小池恵己子(こいけ えみこ) 木4 N401

目標
自分の意見を述べたり、待遇表現が使えるようになる。
内容
・日本語の表記のしかた、書きことばの文体を復習する。
・自分の知っていることがらについて説明したり、理由や例をあげて自分の意見を述べたりして、わかりやすい文章が書けるように練習する。
・相手の立場を考え、適切な待遇表現を使って手紙やメール文が書けるように練習する。
・グループやペアでおたがいの作文を読む学習活動も行う。
テキスト
プリントを配布する
成績評価方法
作文60%、宿題15%、授業への参加度15%、出席10%

日本語2 講読 B1

島田めぐみ(しまだ めぐみ)水2 N313

目標
具体的な文章内容で、ある程度の長さの文章が読めるようになる。
内容
大学生向けに書かれた新書を中心に読み、内容を理解するとともに、文章に特有の表現や語彙についても学ぶ。
テキスト
プリントを配布する。
成績評価方法
出席30%、小テスト30%、試験40%

日本語2 講読B2

飯野清志(いいの きよし) 金2 N313

目標
具体的な文章内容で、ある程度の長さの文章が読めるようになる。
内容
さまざまなジャンルの文章を読んで、日本語の文章を読む"コツ"を学ぶ
テキスト
『留学生のための読解トレーニング』凡人社
成績評価方法
授業参加度30%、課題30%、テスト40%

日本語2 会話B1

坂田睦深(さかた むつみ) 火2 N313

目標
自分の考えや気持ちを伝えることができるようになる。具体的なまとまった談話が理解でき、抽象的なものも流れが理解できるようになる。
内容
授業の前半では、インタビュー、ロールプレイ、敬語の使い方の練習をする。後半では、方法を説明するスピーチ、映画や本、ニュースなどの情報を提供するスピーチを聞いてコメントを述べたり、簡単なディベートを行ったりする。
テキスト
プリント
成績評価方法
出席・授業への参加度30%、インタビュー・ロールプレイ30%、スピーチ40%で評価する予定。出席重視を重視する。欠席が5回以上の場合には単位は認められない。

日本語2 会話B2

澁川 晶(しぶかわ あき)
 金4 N313

目標
自分の考えや気持ちを伝えることができるようになる。具体的なまとまった談話が理解でき、抽象的なものも流れが理解できるようになる。
内容
テレビ番組や新聞記事の内容について、自分の考えや意見が言えるように練習する。トピックに応じて、ディスカッションやスピーチなど、いろいろなスタイルで話す練習をする。ただ話して終わりにらないよう、毎回出てきた語彙・表現についても学習する。
テキスト
プリントを配布
成績評価方法
出席20%、授業への参加度(積極性)30%、課題30%、発表20%

日本語2 文法 B1

内田紀子(うちだ のりこ) 火1 N207

目標
中級後半~上級の文法項目を習得する。
内容
学習者にとって難しいと思われる文法項目や用法、機能を学ぶ。また、自らの文法上の課題を客観的に捉え、その課題に関して各自が問題を作成し、説明を行う。
テキスト
プリント配布
成績評価方法
授業参加度30%、課題40%、期末テスト30%

日本語2 文法 B2

許夏玲(フイ ハーリン)木2 N313

目標
中級後半~上級の文法項目を習得する。
内容
談話文法を中心に、学習者にとって難しいと思われる文法項目や文型の意味、用法、機能を学び、類似表現との使い分けができるように練習する。
テキスト
プリント配布
成績評価方法
出席40%、宿題30%、中間テスト+期末テスト30%

日本語2 漢字B

横山和子(よこやま かずこ)月2 N313

目標
750字程度の漢字とその漢字を使ったことばを学習する。
内容
2回で1課進めます。毎課、予習として、漢字シート(配布)・教科書の「復習」・「要点」をしてきてください。毎週、宿題があります。毎課、クイズをします。定期試験(中間試験と期末試験)があります。
テキスト
『Intermediate Kanji Book』Vol.1、凡人社
成績評価方法
宿題30%、クイズ30%、定期試験40%

日本語2 聴解B

新谷あゆり(しんや あゆり) 金3 N313

目標
具体的なまとまった談話が理解でき、抽象的なものも流れが理解できるようになる。
内容
NHKニュースや館内アナウンスなどを聞き取る練習を行う。
1内容把握。2聞き取りにくい単語を正確に聞き取り、書き取る。3スクリプトに出てきた漢字を次の週にテストする。
テキスト
プリントを配布
成績評価方法
1出席率30% 2授業での聞き取り20% 3漢字テスト、期末テスト50%

日本語2 日本語特別演習B(マンガで学ぶ日本語)

宮本典以子(みやもと ていこ)水1 N313

目標
マンガ特有の会話表現を学ぶ。具体的なまとまった談話が理解できるようになる。
内容
マンガ・アニメの鑑賞を通して、「話し言葉」の表現を実践的に学びます。扱う作品は、第1回目に協議して決定しますが、日本語のレベル等により授業開始後に予定を変更する場合があります。作品鑑賞後に意見交換・アンケートシート記入等を行います。
  *授業外でのマンガ・アニメ多読・多聴記録ノート(提出は自由)歓迎します。
  *マンガの描き方は授業では扱いません。
テキスト
なし(マンガは随時指定します。)
成績評価方法
授業への参加度50%、アンケート等提出物50%

日本語2 日本語特別演習B(ビジネス日本語)

福島恵美子(ふくしま えみこ)木3 N313

目標
ビジネス場面での電話応対や連絡・報告などができるようになる。
内容
面接や電話応対など、ビジネス場面で見られる会話について学習し、実践につながるような会話練習を行うことで、ビジネス・コミュニケーション能力を身につける。また、ビジネス場面で重要になる敬語についても学習する。
テキスト
プリント配布
成績評価方法
出席率20%、参加態度20%、会話・発表40%、レポート20%

日本語1・2 日本語特別演習B(プロジェクト)

谷部弘子(やべ ひろこ)、島田めぐみ(しまだ めぐみ)火3 N313

目標
教室内外の活動を通して、相手や内容に応じて発信する力をつける。
内容
テーマに沿って調べたり発表したりする。小学校訪問など授業時間以外にも活動をおこなうことがあるので、積極的に参加できることが条件です。
テキスト
なし
成績評価方法
授業への参加状況や課題・発表など総合的に評価する。

日本語1・2 発音B

斎藤純男(さいとう よしお)火5 N313

目標
日本語らしいアクセント・イントネーションを身につける。
内容
アクセントとイントネーションの概要を学び、練習する。
テキスト
プリントを配布する。
成績評価方法
出席と授業への取組み状況による。