Englishアクセスお問合せ東京学芸大学ホームページ

国立大学法人 東京学芸大学大学院 (教職大学院)

修士課程 博士課程 専門職大学院等GP

3つの方針

3つの方針

本教職大学院は、養成目標を達成するために、3つの方針に基づき、教育活動を行っています。

Ⅰ 入学者受入方針

教育実践創成専攻は、現代的教育課題に対する学校全体の取組において中心的役割を果たし、教職員・保護者・地域の人々・専門家と協働して問題解決にあたるリーダー的存在としての教員(スクールリーダー)を養成することを目的とし、以下のような人々を求めています。

  1. 経験に裏付けられた豊かな実践力を備えている現職教員で、スクールリーダーを志す人
  2. 基礎的な実践力と向上心を備えた社会人あるいは大学卒業予定者で、スクールリーダーを志す人
Ⅱ 教育課程の編成・実施方針

本教職大学院では、高度専門職業人としてのスクールリーダーを養成するため、共通科目、高度選択科目、教育実践創成演習・課題研究科目、実習科目を置き、以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成しています。
なお、学修の成果の評価にあたっては、客観性、厳格性を確保するため、学生に対し評価基準をあらかじめ明示し、その基準に従って適切に行います。

  1. スクールリーダー養成の共通基盤として共通科目を必修とする。
  2. 共通科目の内容を発展させ、学生の一人ひとりの課題意識と興味関心に応じるために高度選択科目を置く。
  3. 学生自らが学校現場等から問題意識や課題を立ち上げ、その課題の改善や解決を試みるために、教育実践創成演習・課題研究科目を必修とする。
  4. 学校における教育活動や実務全般について総合的に体験し、省察するために「実習科目」を必修とする。
  5. 以上の科目について、学校現場等での実際的な問題解決に資するため、フィールドワーク、ワークショップ、事例研究、ロールプレイングなどアクティブな教育を実施する。
Ⅲ 修了認定・学位授与方針

本教職大学院では、以下のような力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に修了が認定されます。

  1. 協働による実践を通して、省察的に実践を捉えることのできる「柔軟な実践力」
  2. 学校づくりや授業づくりに創造的に参画することのできる「創造的な改革力」
  3. 実践と理論の往還を可能とすることのできる「実践と理論の融合力」
  4. 学校教育の課題を率先して解決することのできる「先導的な指導力」