Englishアクセスお問合せ東京学芸大学ホームページ

国立大学法人 東京学芸大学大学院 (教職大学院)

修士課程 博士課程 専門職大学院等GP

教育課程の構成

授業科目について

教育課程は次の4つの科目群から構成されています。

共通科目

共通科目は、全学生必修科目とコース別必修科目とに分かれます。

全学生必修科目は、5領域から各1科目ずつ設定されています。コースにかかわらず、全ての学生がこの5科目全てを履修することになります。教職大学院での学習の土台となる科目群です。

コース別必修科目は、コースの選択(「カリキュラムデザイン・授業研究コース」あるいは「学校組織マネジメントコース」)にしたがって履修する科目です。

  • 「カリキュラムデザイン・授業研究コース」の必修科目は、教科・領域等をつなげるカリキュラムの開発、児童生徒の多様性をふまえた新たな授業づくりを、各分野の専門的な知見と実践の省察を通して行えるようになることをねらいとした科目です。
  • 「学校組織マネジメントコース」の必修科目は、学校ビジョン構築への参画、職場の活性化と学校改善、同僚教職員の指導・育成、学校外部との対応等について、学校全体の視点から自身が取り組むべき課題を明確化し、「学校のキーパーソン」としてのミドルリーダーに求められる力量形成をねらいとした科目です。

高度選択科目

共通科目を土台としたうえで、より高度な専門性を身につけるために、個々の問題意識やニーズに基づいて選択する科目です。

教育実践演習・課題研究科目

教育実践創成演習は、両コースの現職・学卒1年・学卒2年が混成されたグループに分かれ、グループ単位で課題研究や創成研修に関連した活動を行う科目です。異質協働による視点の拡大、省察の促進を図ります。

課題研究は、学生自らが学校現場等から問題意識や課題を立ち上げ、その課題の改善や解決に向けて探求を行い、その成果をまとめる科目です。

実習科目

連携協力校(附属学校等を含む)での実習を拠点として、学校運営や学級経営、生活指導や進路指導、教員としてのあり方など、学校における教育活動や実務全般について総合的に体験し、考察する科目です。