研究科案内

連合学校教育学研究科の3つのポリシー

アドミッション ポリシー

 本研究科は、大学における教員養成の充実と学校教育の発展を目指して、
   (1) 教員養成系大学・学部の研究後継者の養成
   (2) 学校現場の経験を踏まえた教員養成系大学教員の養成
   (3) 教育関係専門職従事者の養成と高度な研修機会の提供
 を図ります。
  
  教科教育学・教科専門諸科学・教育科学を融合する新しい「広域科学としての教科教育学」を創造し、学校教育の発展に寄与することに情熱を持つ人を求めています。


ディプロマ ポリシ-

連合学校教育学研究科(博士課程)は、所定の単位を修得し、必要な研究指導を受け、「広域科学としての教科教育学」の素養と考えられる、
  ① 理論と実践とを結びつけた専門的に高度な識見
  ② 卓越性と独創性を発揮しうる研究能力
  ③ 広い視野からの思考力と批判的判断力
が、研究成果として実現され、これらの成果を学位論文の形で提出し、博士論文の審査及び最終試験に合格した者に博士(教育学)の学位を授与します。また、特に必要と認めた場合は、博士(学術)とすることができます。

提出された博士論文は、その論文が広域科学としての教育学分野における
  ①学術的意義、新規性、創造性
  ②研究に関する企画及び遂行の能力
  ③論理的説明能力
  ④関連する高度で幅広い専門的知識  
  ⑤学術研究における高い倫理性
を有しているかどうかを基に審査する。


カリキュラム ポリシー

 教科教育学を,本来それに求められる広範な内容をもった新しい広域科学として充実させ,学校教育の飛躍的な発展を図ることを本研究科は目指しています。多様かつ調和のとれた教育体系のもと、学生の自発的な研究活動を支援し、理論と実践とを融合し、広域科学としての学際的なフィールド経験を重視した教育を実現することで、本研究科の教育目的を達成します。  

 新しい広域科学としての教科教育学は,それぞれの教科について,教育目標を考察し,教科の内容を構成し,それらを教授する過程を整理し,教授方法を検討するなど,教科にかかわる広く深い研究領域を実証的に研究する科学です。この教科教育学は,一方では教育課程や教育方法を研究する教育学や児童生徒の発達過程を分析する心理学などの教育科学を基礎とするが,他方では,それぞれの教科の基盤となる人文・社会・自然などの諸科学や芸術・体育等を基礎として構成される独自の広域科学です。教員養成の,そして学校教育の発展にとって,この広域科学としての教科教育学の充実が極めて重要です。本研究科は,こうした教科教育学の特質を考慮して,教育科学・教科教育学・教科専門科学が単一専攻の中で緊密に連携し合い,教科教育学の充実発展とその専門研究者の養成を新しい角度から推進できるように組織しています。

 

このページのトップへ

戻る