お知らせ

お知らせ

戻る

平成29年度「広域科学教科教育学研究経費」(博士課程予算)募集要項

博士研究科運営委員会(東京学芸大学)
予算委員会委員長  宮寺 庸造 

 標記経費を希望する教員は,本連合学校教育学研究科の趣旨に沿った広域科学としての教科教育学に関する共同研究を計画し,下記の点に留意のうえ,平成29年6月30日(金)までに別紙「平成29年度広域科学教科教育学研究経費要求書」を学務課大学院室博士課程係まで学芸ポータルのメッセージ(メール不可)で提出してください。
 なお,本共同研究の採否の決定は,連合学校教育学研究科運営委員会(東京学芸大学)予算委員会(7月中旬開催予定)で内容審査のうえ決定し,連合学校教育学研究科運営委員会(東京学芸大学)に報告する予定です。なお,採否の通知は,7月25日頃に行う予定です。

1. 複数教員による共同研究を推進し,広域科学としての教科教育学の発展を目指すもの。
2. 経費の措置は,全体で5~8件程度の共同研究に対して行う。
3. 経費は,消耗品費,印刷製本費,図書費,設備備品費,賃金職員雇用経費等に使用することができる。
4. 共同研究の代表者は本学の教員であり,博士課程所属教員であること。
5. 経費の申請において,複数の共同研究の構成員(研究分担者であっても)となることは出来ない。
6. 共同研究の期間は1年とする。但し,2ヶ年計画の申請も可とするが,2年目の経費については,2年目に当たる年度に経費要求書を提出し,それに基づき審査を行うこととする。
7. 設備備品費の要求に際しては,要求金額を確認できる見積書または,Web上で取得した価格表を添付すること。
8. 要求経費は,1件あたり70万円程度までを目安とし,これを越える場合,また大型(高価な)機器を要求する場合は,別途理由書を添付すること。
9. 研究報告書等の提出について
 研究概要(A4)1枚を毎年度提出すること。(この概要は連合学校教育学研究科運営委員会(東京学芸大学)に報告予定)
 研究報告書は,電子媒体(A4,PDF)で最終年度に提出すること。なお,提出された研究報告書は,連合学校教育学研究科のホームページ(Webページ)にて公開致します。(著作権・個人情報等にご注意ください。)
10. 研究成果については,学会の論文誌,学校教育学研究論集,学系の紀要等に投稿することを原則とする。
11. 経費についての問い合わせ先……学務課大学院室博士課程係 小勝
電 話:  042-329-7705
E-mail:  rengou@u-gakugei.ac.jp


予定外の使途があった場合には返還を求めることがあります。

経費要求書Word

H23研究報告書

H24研究報告書

H25研究報告書

H26研究報告書

H27研究報告書

H28研究報告書

このページのトップへ
戻る