研究指導体制

研究指導体制

研究指導体制

  本研究科の趣旨に基づいて,学生は入学後に3名の指導教員の指導の下で研究を行うことになります。
  主指導教員は,入学者選抜合否判定時に決定します。他の2名の副指導教員は,入学決定後,主指導教員の指導の下に,各自の研究計画等に基づき,研究科所属教員の教育研究分野等を記載した一覧表の中から候補者を選ぶことになります。連合学校教育学研究科委員会は,この希望に基づいてそれぞれ2名の副指導教員を決定します。
  学生は主指導教員の所属する大学に籍を置き,主としてその大学において開設される講義・演習等を受講し,研究指導を受けます。同時に,各大学において開設されるすべての講義・演習等の中から,自己の主として研究を行う大学以外において開設される講義・演習等も受講することができます。また,随時,他大学に所属する副指導教員の指導も受けることとなります。


戻る