諸手続き

研究奨励費

大学院連合学校教育学研究科研究奨励事業実施要項

 趣旨・概要
 大学院連合学校教育学研究科(博士課程)に在学する学生の学会発表に対し,研究奨励費を支給することにより,学生の研究後継者としての能力向上及び研究活動の活性化を図る。



 出願資格及び書類
 
(1) 資 格 東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)在学生(休学期間中の発表を除く)
(2) 要 件  ① 生の研究活動のために必要な学会発表(口頭発表またはポスター発表。国内外を問わない。)を申請者が筆頭発表者として行うこと。
発表者の所属は正式名称(東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科)を明記すること。
③ 別予算でこの学会発表における援助を受けていないこと。
(3) 申 請 次の①から④までの書類を,下記期間内に提出する。(郵送可)
① 『研究奨励費』申請書 (別紙様式1)
② 学会の実施概要(タイトル・日程・場所)および申請者が筆頭発表者であることを証明できる書類(学会プログラム,学会申込受理書,学会主催者が送付したメールによる通知文,Web上で取得する通知文等)
* 国外の学会の場合,必要部分について和訳を添付すること。
③ 学会当日受付において発行された参加証等,学会に参加したことが証明できる書類の写し
④ 債主データ登録票(様式は研究科ウェブページよりダウンロード可能)
⑤ 申請期間
(4月から平成30年3月実施分):2月22日(木)~3月2日(金) 期日必着とする。
◆ 支給は,1人1件までとする。
(4) 報 告 報告書(別紙様式2)を下記提出期限までに提出する。
  3月31日まで
 (この日が土・日・祝日の場合は,前日又は前々日の平日までとする。)
(5)書類の提出先  東京学芸大学学務課大学院室博士課程係


 選 考
 
(1) 選考は,大学院連合学校教育学研究科委員会が行う。
(2)  選考結果の通知時期 3月下旬
(3) 選考結果の通知方法   申請者全員に対してメール又は郵送で通知する。
選考に関わる内容の開示・公表はしない。


  奨励費の支給額と支給

 
(1) 国内での学会発表「50,000円」,海外での学会発表「100,000円」を上限とし, 予算額(概ね200万円)を国内及び海外の申請者ごとに均等割りした額。
(2)  支給は,支給決定後,1か月後(目安)に指定の口座に振り込む。


財源

  運営費交付金「連合学校教育学研究科運営費」,「各構成大学配分経費」から支出する。
予算額  概ね年間200万円

研究奨励費関係様式集

 
このページのトップへ
戻る