Englishアクセスお問合せ東京学芸大学ホームページ

国立大学法人 東京学芸大学大学院 (修士課程)

科目履修生向け情報 研究生向け情報
教職大学院 博士課程

カリキュラムの特色

カリキュラム編成及び必要取得単位数

カリキュラム編成

教育学研究科修士課程のカリキュラムは、養成目標を達成するために、修学と研究に関して体系的に編成されています。
そのために、第1に、教育学研究科の授業科目は、後述する3つの科目群の目的にそって開設され、科目群ごとに修得単位基準が設けられています。
第2に、学生が学修・研究計画を作成する上での指針となるよう高度専門職業人としての教員の養成および現職教育に沿った履修モデルが設けられています。

必要修得単位

教育学研究科修士課程の授業科目は、(Ⅰ)「教育実践開発科目群」、(Ⅱ)「教育実践研究法科目群」、および、(Ⅲ)「教育内容基礎研究科目群」の3科目群に分類され、科目群によっては必要修得単位数の基準が定められています。

また、養成目標を達成する上で、学生により、教育科学や教科教育学を基盤にしてアプローチする場合と教科内容の基礎科学を基盤にしてアプローチする場合があり、両アプローチは、相互に関連をもちつつ、ともに重視されます。

(Ⅰ) 教育実践開発科目群:

自他の教育実践を相対化して的確な批評と指示を行うことができ、教育実践を創造的に開発できる能力を養成するための科目群。
(1) 「現代教育実践の課題」(A欄科目)
(2) 各専攻・コースが開設する「教育実践論演習」(B欄科目)
(3) その他の科目からなります。
すべての学生は、(1)、(2)から4単位以上を修得しなければなりません。

(Ⅱ) 教育実践研究法科目群:

教育実践に関わる広範な学術の研究方法を実地に学び、批判的思考力、論理構成力、表現・コミュニケーション能力、問題解決能力などを養成するための科目群。
(1) 専攻・コースが開設する「教育フィールド研究」
(2) 教育科学や教科教育学の研究方法を扱う「教育研究法」
(3) 教科内容の基礎科学に関する研究方法を扱う「教育内容基礎研究法」
(4) 「特別研究」、の科目からなります。

すべての学生は、(1)、(2)、(3)から6単位以上を修得しなければなりません。また、現職教員等でない一般学生(以下、一般学生と略記)で学校教員志望の者は、6単位の中に(1)を2単位以上含むことが望ましいです。

(Ⅲ) 教育内容基礎研究科目群:

教科に関する科目として開設された科目群。教科内容の基礎となる人文・社会・自然などの諸科学や芸術・体育等、当該学術の本質にせまり、その基本概念の理解と探究を通して、科学的洞察力や応用力などを養成するとともに、授業を想定した知見へとそれらを再構成していく能力の基礎を育む科目群。
この科目群に関する必要修得単位数の基準は設けられていません。