Englishアクセスお問合せ東京学芸大学ホームページ

国立大学法人 東京学芸大学大学院 (修士課程)

科目履修生向け情報 研究生向け情報
教職大学院 博士課程

学部聴講・教育実習

学部聴講・学部での教育実習について

(注)単位及び評価の取扱いについて
学部開設授業科目の聴講により修得した単位及び評価は学籍簿には記載されますが、修士課程の修了に必要な30単位や専修免許状取得のための単位数には含まれませんので注意してください。

学部開設授業科目の聴講

学部で開設されている授業科目の聴講は、指導教員が教育研究上必要と認める場合に限り、認められています。
下記事項を確認の上、聴講してください。

聴講可能な単位数 年間14単位まで
手続き 「履修科目申告票」を各学期授業開始後2週間以内に授業科目担当教員に、「単位履修届」を学期開始後3週間以内に学務課修士課程係にそれぞれ提出してください。(※修士課程の授業の履修登録方法とは異なるので注意してください。)

「単位履修届」様式(PDF形式 PDFExcel形式 word

※授業科目担当教員の承諾を得なければ聴講できません。
※所定の手続をしない者には、単位を与えることはできません。

教育実習(学部聴講)

大学院修士課程の学生は、以下の履修条件を満たす場合、1回に限り学部聴講として
教育実習、事前事後指導等の科目を履修することができます。

学部聴講の手続窓口:修士課程係
教育実習に関する事務窓口:学務課教育実習係(TEL 042-329-7179)

申し込み時期

修士課程1年 (教育実習を受ける前年度)春学期
(教育実習の掲示板で必ず確認してください。)

実習時期

修士課程2年 (修了年度)
(実習校は各自が母校等に依頼することになっています。詳細は上記、教育実習に関する事務窓口で相談してください。)

入学年度毎の履修条件

平成24年度入学生からの履修条件 PDF
平成22年度入学生からの履修条件 PDF
平成21年度入学生までの履修条件 PDF

※入学年度によって履修条件等、取扱いが今後変更となる場合がありますので、ご注意ください。