Englishアクセスお問合せ東京学芸大学ホームページ

国立大学法人 東京学芸大学大学院 (修士課程)

科目履修生向け情報 研究生向け情報
教職大学院 博士課程

特定の課題についての研究成果

特定の課題についての研究の成果について

修士課程の修了要件は、修士課程に2年以上在学し、所定の単位を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、学位論文又は特定の課題についての研究の成果(以下「課題研究の成果」という。)の審査及び最終試験に合格することです。

課題研究の成果とは、演奏、作品、授業実践記録、データの専門的処理、フィールドワークによる調査研究あるいは事例研究等です。
学生は、入学後に指導教員の指導の下に研究計画をたて、学位論文か課題研究の成果のいずれかを選択し、研究を進めていきます。

⇒詳しくは「修学について > 学位論文」をご覧ください。