Englishアクセスお問合せ東京学芸大学ホームページ

国立大学法人 東京学芸大学大学院 (修士課程)

科目履修生向け情報 研究生向け情報
教職大学院 博士課程

現職教員研修支援センター

<< 前のページへ戻る

平成17年度 東京学芸大学現職教員研修支援センター事業報告 第6号

『現職教員研修と修士課程の活用』
第1章 現職教員研修支援センター事業経過報告

1.事業経過の概況
2.大学院での研修に関するガイダンス
    (1) 現職教員を対象とした大学院説明会
    (2) 短期特別コース事前相談会

3.現職教員研修に関する運営
    (1) 平成17年度サテライト教室開設状況
    (2) 大学学院設置基準 14条特例適用学生(東京都派遣)及び短期特別コース学生との懇談会
    (3) 現職教員(14条特例派遣・短期特別コース)の入学前相談状況の分析
    (4) 現職教員への研究支援に関するアンケート調査結果
    (5) 東京都教育委員会との連携による 「平成17年度現職教員 10年経験者研修講座」開設状況

4.学内諸組織との連携協力によって行った現職教員研修に関する研究・業務
    (1) 本学附属学校教員の10年経験者研修に関するプロジェクト研究
    (2) 現職教員研修プログラムの開発検討
    (3) 「教員研修内容の現状把握及び教員研修における大学・大学院の役割に関する研究」プロジェクト
    (4) サテライト教室
    (5) ネパール教員訓練グループに対する研修

第2章 「現職教員支援フォーラム」報告

テーマ『「学力低下」をめぐる諸問題』
・平成17年度現職教員支援フォーラム参加者の感想

第3章 現職教員は大学院でどのように研修をすすめたか

1.はじめに
2.2年間の大学院研修を終えて
3.学ぶということ
4.現場の課題を「研究」できた2年間

東京学芸大学現職教員研修支援センター規程
現職教員研修支援センター兼任教員名簿

Adobe ReaderをダウンロードPDF形式ファイルをご覧になるには、Adobe Reader®が必要です。
Adobe Reader®はこちらから無料で入手できます。