熱中症に注意!

● 熱中症ってなに?

熱中症とは、主に暑い環境で発生するさまざまな障害のことを言います。

梅雨明け前後は特に注意して下さい。急に気温が上がった時、湿度が高い時に起こりやすいので注意が必要です。熱中症というと暑い環境で起こるという先入観がありますが、体内の筋肉から発生した熱が放熱できないために起こりますので、暑くない環境下で起こることもあります。

● 熱中症の症状は?

熱中症は、軽症、中等症、重症に分けられますが、短時間で急速に重症化することがありますので、甘くみるととんでもないことになります。

@    熱失神、熱けいれん(比較的軽症)

熱失神は、数秒間の短い失神で運動終了後によく起こります。皮膚の血管の拡張によって血圧が低下し、脳血流が減少して起こります。めまい、失神(数秒)などの症状が見られ、顔面蒼白となり、脈は速く、弱くなります。
熱けいれんは、突然、足や腹筋がけいれんして激しく痛みます。大量に汗をかいた時、水しか補給しなかった時など、血液の塩分濃度が低下するために起こります。

A    熱疲労(中等症)

脱水による症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気、失神などの症状が見られます。すぐに水分、塩分の補給が必要です。

B    熱射病(重症)

体温調節機構が破綻した非常に危険な状態です。体温は40℃を超え、体温の上昇によって中枢機能に異常をきたし、意識障害(反応が鈍い、言動がおかしい、意識がない)などが起こります。熱射病は全身の臓器の機能不全により死に至る病態です。

    熱中症が疑われる人への対応

@まず意識の状態を確認します。重症かどうかの分かれ目は意識障害があるか否かです。

  名前を呼ぶ、肩をたたく、簡単な質問をするなどして意識の状態を判断して下さい。

A意識がない、応答が鈍い、言動がおかしいなどの場合は、至急119番通報して下さい。

死亡する可能性の高い緊急事態ですので、集中治療のできる病院へ一刻も早く運ぶ必要があります(20分以内が勝負です)

救急車の到着までに

 ・気道確保、呼吸確認(無ければ人工呼吸)、脈拍確認(無ければ心臓マッサージ)
  を行いつつ、冷却を開始します。
 ・水をかける、濡れタオルを当てて扇ぐ。
・頚、脇の下、下肢の付け根などの太い血管のある部分に氷やアイスパックをあてる。・循環が悪い場合 は、足を高くし、マッサージをする。
・可能なら涼しい場所(クーラーのある所,風通しの良い日陰など)へ運ぶ。

B意識のある場合 [熱失神,熱疲労,熱けいれん]

 ・涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、吐き気やおう吐が無く飲水できるなら
スポーツドリンクなどで水分を補給します。
・吐き気やおう吐がある場合は無理に飲ませてはいけません。病院で点滴を受ける必要があります。
・足を高くし、手足を末梢から中心部に向けマッサージするのも有効です。

 

    熱中症にならないためには

@のどが渇く前にスポーツドリンクなどで、こまめに水分と塩分の補給をしてください。

A活動場所の温度、通風に注意。

B衣服の吸湿性、通気性に注意。屋外では帽子をかぶりましょう。 

冷却のポイント

   ・積極的にマッサージし震えを起こさせないことが重要です。

   @冷水タオルマッサージ

衣類をできるだけ脱がせ、体に水を吹きかけ、その上から冷水で冷やしたタオルで手足(末端部)、体幹部をマッサージしながら、うちわ、タオルなどで送風する。水は冷たいものより常温もしくはぬるいお湯が良い。
   A氷のう、アイスパックなどで冷却
氷のう、アイスパック、アイスノンなどを腋の下(腋下動脈)、首の横(頚動脈)、下肢の付け根(大腿動脈)に両方からあて血液を冷却する

 B水を体表面にかけて送風

霧吹きなどで水を吹きかけて、その気化熱で冷却する。震えを起こさせないよう注意。温水が良いが、なければ水で可。送風はドライヤー(温風)またはうちわなどで。


【ホケカンだよりBack Number】に戻る