夏バテを予防しよう

 

平成237月 保健管理センター

丸山 志保

 

夏バテとは?

日本の夏のように高温・多湿な状態におかれると、人間の体は体温を一定に保とうとして、必要以上のエネルギーを消費し、 かなりの負担を強いられます。

その負担に耐えられなくなると、身体の調節機能が低下してしまい、全身がだるくなったり、食欲の低下をはじめとする消化器症状、体重減少、意欲や体力低下,頭痛などが起こります。このような夏の暑さからくる体調不良をまとめて夏バテといいます。

 

夏バテ予防のポイント

@水分を取る

冷たすぎない水をこまめに取るようにしましょう。

スポーツドリンクは吸収されやすいですが、糖分も多く含まれているので飲みすぎには注意が必要です。

また、アルコールは利尿作用があり、脱水になりやすくなるため控えましょう。

 

A食事をきちんと取る

夏は暑さで汗をたくさんかきます。その汗によって、多くのビタミンやミネラルが体から失われるので、それらをしっかり補給しましょう。

1日3食をきっちりと、バランスよく食べることが大切です。

 

〈夏バテ予防になる栄養素・食材〉


たんぱく質

しっかりした体を作るのに必要。肉・魚・卵・豆製品など。

 

ビタミンB1

不足すると疲れやすくなる。豚肉・ごま・うなぎ・大豆・かつお・玄米など。

 

香味野菜

ビタミンB1の吸収を良くする。また、香りが食欲増進に。

玉ねぎ・長ネギ・にら・にんにく・しょうがなど。

 

ビタミンC

体の抵抗力を高めてくれる。                           

枝豆・トマト・キウイ・赤ピーマンなど。

  

酸味の食材

食欲増進、疲労回復に効果的。

柑橘類・梅・お酢など。

 

ネバネバ野菜

粘り成分が胃粘膜を保護し、弱った胃腸を守る。また、たんぱく質の消化吸収を助ける。

オクラ・山芋・モロヘイヤなど。

 

夏冷えには…

発汗作用を促すものや、血行を良くするビタミンEを含むものが良い。唐辛子・かぼちゃ・にら・にんにく・しょうがなど。


                                    

 

B冷えすぎを防ぐ

夏バテの大きな原因は温度差です。冷房を使用する場合は、外気温と室温の差を5℃以内に設定するのがポイントです。室温の調整ができない場合は、着るもので調整しましょう。

 

C睡眠をきちんと取る

熱帯夜が続く暑い夏は睡眠不足になりがちです。

冷房を使う場合、温度は28℃程度に設定し、オフタイマーを上手に利用して冷やしすぎには注意しましょう。また、夜更しはせず、毎日できるだけ同じ時間に就寝し、規則正しい生活を心がけましょう。軽い運動をしたり、ぬるめのお湯につかることなどもぐっすり寝るには効果的です。

 

夏バテを予防して楽しい夏にしましょう♪

 





 【ホケカンだよりBack Number】に戻る




[ホケカンだより]に戻る