冬のかゆみにご用心

 

冬になると、皮膚の乾燥やかゆみに悩まされる方も多いと思います。

皮膚が乾燥すると、皮膚の一番外側の「皮脂膜」が乱れ、皮膚の水分が蒸発しやすい状態になってしまいます。また、皮脂膜の下には「角質細胞」が何層にも積み重なって「角層」を構築していますが、その角層も乱れ、角質細胞の間にある脂質や天然保湿因子も減少し、皮膚全体の水分を保持する機能が低下していきます。

このように、乾燥により皮脂膜や角層が乱れてしまうと、外部刺激を受けやすい状態となり、ちょっとした刺激でかゆみが生じるようになります。かゆみにより掻いてしまうと、またそれが刺激となって、更に強いかゆみを誘発することにつながる場合もあります。

対処法としては「皮膚を乾燥させないこと」を意識することが大切です。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかる、体を温める食品(しょうがなど)を適度にとる、ストレッチや散歩など適度な運動を行うなど、新陳代謝を高め、発汗を促して皮膚の乾燥を防ぐことを心がけることが大切です。また、室内の温度を1823度・湿度を4060%に保つようにし、刺激の少ない木綿などの衣服を選ぶことも対処法の一つです。

かゆみがでてしまった場合には、軽いうちに保湿剤を使うようにし、一日一回は必ず塗るようにすると良いでしょう。角層が水分を吸収している入浴後10分以内が塗布には適した時間帯といえます。もし、かゆみが続き「保湿剤を継続的に使い続けてもかゆみが消えない」場合や、ブツブツと湿疹様になったり、赤みがひどくなる場合には、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

保健管理センター 野口 海。






【ホケカンだよりBack Number】に戻る




[ホケカンだより]に戻る