旬の食材のパワーで健康に!

 

最近はどんな食材も一年を通じて手に入るようになってきましたが、やはり旬の食材は美味しく、栄養も豊富です。また、よく市場に出回るため値段も安価になりやすく、経済的でもあります。

冬は、体を内側から温めてくれる食材や、風邪予防に効果的な食材がたくさんあります。

ぜひ日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

今回は冬にかけて旬を迎える食材の栄養や特色を紹介します。

 

 

<ほうれん草>

ほうれん草には鉄分が多く含まれ、貧血の予防、改善に効果的です。また、冬のほうれん草のビタミンCの含有量は夏の3倍といわれています。ビタミンCは鉄の吸収を高めたり、風邪の予防・早期回復に効果があるといわれています。野菜に含まれるビタミンCは熱に弱く、水溶性のため水に長く浸すと溶け出してしまうので、茹でる際は短時間がよいでしょう。

 

 

<白菜>

白菜は低カロリーで、風邪予防効果のあるビタミンC、高血圧を予防するカリウム、便秘を解消する食物繊維などが含まれます。じっくり加熱すると甘みが増し、食物繊維も柔らかくなりますが、煮るとビタミンCやカリウムが溶け出してしまうので、スープごと食べるのがおすすめです。

 

 

<ねぎ>

ねぎには独特の強い香りがありますが、これは硫化アリルという栄養成分によるものです。硫化アリルにはビタミンB1の吸収や働きを高め、疲労を回復させる効能や、消化液の分泌を良くして、食品の消化、吸収を高める効能があります。このため、ビタミンB1が多く含まれている豚肉などと一緒に調理するのがおすすめです。

また、硫化アリルには血液をサラサラにし、血行を良くして体を温める働きもあるので寒くなるこの時期にぴったりの食材です。

 

 

 

<大根>

大根にはジアスターゼという消化酵素が含まれ、胃もたれや胸やけに効果があります。葉のほうに含まれるカルシウムはイライラやストレス、骨粗鬆症予防に効果的です。

大根は部位によって味が違い、葉に近い部分は辛味が弱くかたいので、おろしやサラダに、真ん中部分は甘味があるので煮物に、先端部分は辛味が強く繊維も多いので、汁の実や漬物がよいでしょう。

 

 

<みかん>

みかんにはビタミンCが豊富に含まれます。ビタミンCには風邪予防効果の他に、コラーゲンの生成を促し、しわを予防する作用や、メラニンの生成を抑えシミを予防する働きがあるため、肌・皮膚を若々しく保ちたい方におすすめです。

 

 

 

冬の定番、鍋料理の力!

普段、野菜は食べていますか?

厚生労働省の健康日本21では1日に350g以上の野菜を摂取することが望ましいとされ

ています。

1日に350gというとあまりイメージが湧きませんが、例をあげてみると…

 

このような感じです。

すべてを生で食べようとすると多く感じるかもしれませんが、野菜は煮込むことによっ

て食物繊維が柔らかくなり、生よりも多く食べることができます。さらに、その野菜を

煮込んだスープにもビタミン・ミネラルが溶け出しているため、スープまで味わえる鍋

料理は、まさに栄養の宝庫だといえます。

 

 

だんだん寒くなり、風邪やインフルエンザが流行る時期になってきました。

手洗い、うがい、十分な休養と旬の食材のパワーで抵抗力を高め、寒い冬を乗り切りま

しょう!

 

 

保健管理センター

丸山 志保




【ホケカンだよりBack Number】に戻る



[ホケカンだより]に戻る