ノロウイルス等による感染性胃腸炎に注意してください!!

 

 

感染性胃腸炎とは?

 ノロウイルス等による感染性胃腸炎が流行しています。感染性胃腸炎の主な症状は、嘔吐、下痢、悪心、腹痛、発熱などですが、必ずしもすべての症状が出るわけではありません。原因はウイルス(ノロウイルス、ロタウイルスなど)、細菌(腸炎ビブリオ、病原性大腸菌など)、寄生虫など様々なものがありますが、細菌によるものは夏場に集中し、ノロウイルスによるものは秋から冬にかけて流行がみられます。

今年は特にノロウイルスによる感染が増加していますので、注意してください。

 

感染経路

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、人から人へ感染する場合と、汚染した食品を介しておこる食中毒に分けられます。

 ・感染した人の便や吐物に触れた手指を介してノロウイルスが口に入った場合

 ・便や吐物が乾燥して、細かな塵と舞い上がり、その塵と一緒にウイルスを取り込んだ

  場合

 ・感染した人が十分に手を洗わず調理した食品を食べた場合

 ・ノロウイルスを内臓に取り込んだカキやシジミなどの二枚貝を、生で又は不十分な加

  熱処理で食べた場合

 

 感染性胃腸炎の治療

  ウイルスを原因とする感染性胃腸炎の特別な治療法はなく、つらい症状を軽減するた

 めの処置(対症療法)が行われます。

 

 予防のポイント

 患者のふん便や吐ぶつには大量のウイルスが排出されるので

 (1)食事の前やトイレの後などには、必ず手を洗いましょう。

 (2)下痢やおう吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしないようにしま

   しょう。

(3)胃腸炎患者に接する方は、患者のふん便や吐ぶつを適切に処理し、感染を広げな

   いようにしましょう。

 (4)カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう。(中心

    温度85度で1分以上の加熱が必要です)

 (5)加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱して食べましょう。また、調理器具

    等は使用後に洗浄、殺菌しましょう。


感染症法・学校保健安全法との関係

 ノロウイルスによる感染は、学校保健安全法では出席停止について特に明記されていません。登園・登校の判断については、嘔吐・下痢がおさまるなど、患者さん本人の体調によって判断することになります。

 尚、症状が消失した後も、約1週間は便の中にウイルスが排出される可能性がありますので、登校後も手洗いを励行することが大切です。

 

 

    ノロウイルスのことをもっと知りたい人はこちら

a) http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/dl/040204-1.pdf

 (厚生労働省 ノロウイルスに関するQA

b) http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k04/k04_11/k04_11.html

(国立感染症研究所 感染症情報 ノロウイルス)

c) http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2012/11/20mb1700.htm

TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENTノロウイルスによる感染性胃腸炎)

   d) http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/

  (東京都感染症情報センター「Web版感染症発生動向調査」)  

e) http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/chetukurisuto.html

(東京都福祉保健局「社会福祉施設等におけるノロウイルス対応標準マニュアル」)
   

*                                        





 【ホケカンだよりBack Number】に戻る
 
              
             [ホケカンだより]に戻る