平均寿命と健康寿命 

                        

 

健康上の理由で日常生活が制限されることなく生活できる期間のことを「健康寿命」と言います。【健康寿命】と「平均寿命」とは10年程の差があり、地域差があることも明らかになっています。平成22年度の「平均寿命」は男性79.55歳、女性86.3歳です。

【健康寿命】と「平均寿命」の差は、健康に問題を抱え、日常生活に様々な制限が生じる「不健康な期間」に相当し、この期間が長くなることは、個人及び家族の生活の質が下がると共に、医療費や介護給付費等社会保障費の増大にもつながり、対策が望まれます。

都道府県別の【健康寿命】のトップは、男性が71.74歳の愛知県、女性が75.32歳の静岡県でした。両県は男女とも【健康寿命】が高く、愛知県の女性と静岡県の男性は、それぞれ74.93(3)71.68(2)でした。静岡県の特徴として、地場の食材が豊富・御茶を良く飲む・メタボの人が少ない・県民所得が高い・働いている人が多い・医療費が低い・温暖な気候などがあり、そのことが【健康寿命】に何らかの影響を及ぼしているかもしれません。(総務省「家計調査」より)一方、ワースト1位は、男性は、青森県(68.95)、女性は滋賀県(72.37)で、ともにトップと3歳近くの差がありました。

平成22年度の「平均寿命」は男性79.55歳、女性86.3歳で、【健康寿命】(男性70.42歳、女性73.62)との差は、男性が9.13年、女性が12.68年でした。この差が最大だったのは、男性が大分(10.3)、女性が広島(14.55)。最小だったのは、男性が秋田(7.79)、女性が(10.61年)と男女共に地域間格差が大きいことがわかります。

【健康寿命】は、高齢期だけの健康問題ではなく、生涯にわたるライフステ−ジに応じた個人の健康づくりが極めて大切になってきます。

個人の健康は、家庭や学校・職場・地域社会など社会環境の影響を大きく受けるので、幅広い視点からの健康対策の環境整備が今後求められると考えられます。個人としても、規則正しいバランスのとれた食事や適度な運動や社会参加を心がけていくことなども、健康維持の大切な一要素であると言えるでしょう。



【参考・引用文献】へるすあっぷ21 20131月号「特集 めざせ健康長寿」

 



野口 海











【ホケカンだよりBack Number】に戻る

                    
[ホケカンだより]に戻る