ドライアイ

■はじめに

 涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。現在、日本では約800万人ものドライアイの患者さんがいるといわれています。

■ドライアイの症状

 目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど、多彩な慢性の目の不快感を生じます。目を使い続けることによる視力の低下も起こります。

 

■ドライアイはどういう人に起こりやすい?

1)年齢: 年を重ねると、涙の分泌量や質が低下します。

2)性別: 女性の方が男性よりドライアイになりやすいことが知られています。

3過度のVDTvisual display terminals)作業: パソコンなど、モニターを見つめる作業を長時間行うことで、ドライアイ症状が起こりやすくなります。

4乾燥した環境:  冬の乾燥した季節でドライアイが悪化する人は数多くみられます。また、エアコンの吹き出し口に当たるところなどでも症状が悪化します。

5)コンタクトレンズ: 特にソフトコンタクトレンズ装用者では、ドライアイの割合が多いことが知られています。

6喫煙:  たばこの煙に曝されると、涙の状態が悪くなることが知られています。

 

■ドライアイの治療

1)点眼薬:  症状が軽い場合は、潤いを持たせる点眼薬で緩和させることができます。人工涙液、ヒアルロン酸製剤などが用いられます。

2)涙点プラグ: 涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙の生理的な排出を人為的に遮断するような治療を行うこともあります。プラグの大きさや材質など、いろいろなものが開発されています。

3悪化要因の除去: 長時間のVDT作業や運転では、瞬きの回数が減るのでドライアイ症状を悪化させます。適度の休みを取ることが目の健康に重要です。また、涙の状態を悪くさせる内服薬、コンタクトレンズ装用などを減らすことも一つの手です。

4)その他:  目の保湿を図るために、加湿器を用いたり、エアコンの設定を変えるなども有効です。メガネの周りに覆いを付けることも目の周りの湿度を上げるのに有効です。

 

日本眼科学会ホームページより抜粋

 

 

竹内武昭








【ホケカンだよりBack Number】に戻る

                    
[ホケカンだより]に戻る