冬の感染症に注意

 

 

 

 

寒くて乾燥する冬は、普通の「かぜ」はもちろん、インフルエンザやノロウイルスなどによる感染症が流行しやすくなります。

インフルエンザは「かぜ」のなかでも特に症状が強く、合併症を起こしやすいので注意が必要です。インフルエンザは通常、12月に流行入りし、1月下旬から2月の間にピークを迎え、3月いっぱいで終息します。嘔吐・下痢・腹痛をひき起こすノロウイルスは毎年11月から3月にかけて流行します。

冬にウイルス感染症が多い理由は気温と湿度が下がるので、@低温・低湿度を好むウイルスが長く生存し感染力が強くなる、A外気の乾燥に加え、冬は水分を積極的に摂取しないので、のどや気管支の粘膜が乾燥し傷みやすくなり、ウイルスが感染しやすくなる、B湿度が低いので、咳やくしゃみによる飛沫が素早く乾燥し小さくなる。そのため飛沫に含まれるウイルスがより長く空中に浮遊し、感染範囲が広がる、などが挙げられます。

以下、インフルエンザウイルス、ノロウイルス感染症を中心に説明します。

 

 

 

Tインフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染すると、典型的には1〜3日の潜伏期間後に、発熱(多くは38℃以上)・頭痛・関節痛・筋肉痛・倦怠感などが突然現われ、のどの痛み・咳・鼻汁などがこれに続きます。このような症状が出たら、大学へ来る前にすぐに病(医)院を受診してください。かかってしまった場合は、自分のためにも周囲の人のためにも休みましょう。

インフルエンザウイルスにはABCの三つの型がありますが、毎年冬に繰り返し流行す

る季節性インフルエンザはA型とB型です。A型にはA香港型(AH3N2)亜型)や、2009年に新型インフルエンザとして流行し現在は季節性として扱うA09年型(AH1N1))などがあります。

インフルエンザは、患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことで感染します(飛まつ感染)。また、ウイルスが付着した手などを介した感染(接触感染)もあります。従って、予防にはマスクや手洗いが有効です。

 

 

 [公欠等について]

 

1)登校(就業)禁止期間 

  インフルエンザと診断されたら、原則、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで自宅待機。

 

2)欠席・欠勤の取り扱い

(1)学生

 出席できなかった授業については、インフルエンザに罹患したという医師の診断書を添えて所定の手続きを行うことにより公欠となります(領収書では手続きができません。公欠期間は、診断書に登校禁止期間の記載があればその期間、なければ、原則、診断書の発行日から発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで、となります)。公欠の具体的な申請方法は学生課厚生係に確認してください。                学生課厚生係:042-329-7189

(学芸ポータルTOPページ「学生情報トータルシステムメニュー」の「公欠について」も参照してください。)             

 

(2)教職員

人事課職員係に確認してください。        人事課職員係:042-329-7123

 

 

 

Uノロウイルスによる感染性胃腸炎

 感染性胃腸炎の主な症状は、嘔吐、下痢、悪心、腹痛、発熱などですが、必ずしもすべての症状が出るわけではありません。感染性胃腸炎の原因はウイルス(ノロウイルス、ロタウイルスなど)、細菌(腸炎ビブリオ、病原性大腸菌など)、寄生虫など様々なものがありますが、細菌によるものは夏場に集中し、ノロウイルスによるものは秋から冬にかけて流行がみられます。

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、人から人へ感染する場合と、汚染した食品を介しておこる食中毒に分けられます。潜伏期間は通常1〜2日です。特別な治療法はなく、つらい症状を軽減するための処置(対症療法)が行われます。

 

[感染症法・学校保健安全法との関係]

 ノロウイルスによる感染は、学校保健安全法では出席停止について特に明記されていません。登園・登校の判断については、嘔吐・下痢がおさまるなど、患者さん本人の体調によって判断することになります。

 尚、症状が消失した後も、約1週間は便の中にウイルスが排出される可能性がありますので、登校後も手洗いを励行することが大切です。

 

 

 

V予防するには

ウイルス感染の予防の基本は、流行前にワクチン接種を受けることですが、普通の「かぜ」やノロウイルスにはワクチンがありません。

ウイルスの感染経路は、せきやくしゃみの飛沫を直接吸い込むことで鼻やのどの粘膜に感染する飛沫感染と、手を伝わって鼻やのど、あるいは経口的に感染する接触感染が中心です。従って予防には、手洗い・うがいが大切ということになります。

衣服やティッシュについたインフルエンザウイルスは812時間生きていると考えられており、電車の吊り皮やカラオケのマイクなどに触った後は十分な手洗が必要です。

・手洗い:外出から帰った後や、食事や調理の前、トイレの後にはせっけん(液体せっけんが望ましい)を使用し、流水で十分に手を洗いましょう。

特にノロの場合、患者の便や吐物には大量のウイルスが排出されるので、

 (1)食事の前やトイレの後は、必ず手を洗う。

(2)患者の便や吐物の処理をする時は素手で触らずビニール手袋を使用する。汚物

の消毒は市販の塩素系消毒剤(漂白剤)を希釈したものを使用。

(3)食品を加熱する時は、中心温度が 85 1分以上(最近は90 90以上が推奨されています)になるようにしっかり熱を通す。

・うがい:外から帰ったらうがいをしましょう。

・マスク:マスクは、他人の飛沫を吸い込むのも、自分の飛沫が飛び散るのも防ぎます。

・人込みに行かない:人がたくさんいる所にはウイルスもたくさんいます。

・抵抗力を高める:バランスの良い食事と十分な休養、睡眠をとり、疲労をためないこと。適度な運動を続け、血行をよくして、感染症に負けない免疫力をつけましょう。

・適度な水分補給や加湿:ウイルスが好む乾燥を防ぎ、のどの乾燥を防ぐために加湿器などを使用するのもよいでしょう。マスクで口元の湿度を保つのも効果的ですが、適度にのどを潤すために、冬でも意識的に水分補給をしましょう。

 

 

 

以上のことを守って、寒い冬を元気に乗り切ってください。

 

 【ホケカンだよりBack Number】に戻る


[ホケカンだより]に戻る