熱中症に注意しましょう

 保健管理センター

 


今年も熱中症への注意が必要な季節になりました。熱中症は、夏の強い日射しの下で運動や作業をする時だけでなく、急に気温が上がった時や湿度が高い時に起こりやすいので、夏はもちろん、体が暑さに慣れていない梅雨の合間の暑い日に多くみられます。学校では体育活動、特に部活動中の発症が多いことが指摘されています。


熱中症とは?

高温・多湿の環境下で水分の補給を行わず活動を続けると、体温が上昇し、脱水になり、さまざまな障害が起こります。これが熱中症です。体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、調整機能が破綻した時に発生します。

暑い日はできる限り運動を控えましょう。
 

熱中症の症状・分類

立ちくらみ、頭痛、吐き気、筋肉のこむら返り等の症状が出たら要注意です。体温が38℃を超え、意識障害をきたした場合は、死に至る可能性もありますので、すぐに救急車を呼びましょう。

T度

熱失神

皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。脈は速く弱くなります。 ●めまい    ●一時的な失神  ●顔面蒼白

熱けいれん

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

●筋肉痛    ●手足がつる   ●筋肉がけいれんする

U度

熱疲労

大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。

●全身倦怠感  ●悪心・嘔吐   ●頭痛    ●集中力や判断力の低下

V度

熱射病

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられ、ショック状態になる場合もあります。
直ぐに119番通報して下さい死亡する可能性の高い緊急事態ですので、集中治療のできる病院へ一刻も早く運ぶ必要があります。

●体温が高い  ●意識障害    ●呼びかけや刺激への反応がにぶい

●言動が不自然 ●ふらつく


熱中症の予防

 熱中症はきちんと予防すれば防ぐことができます。予防は「水分・塩分補給」と「暑さを避ける」の二つです!室内外の温度差は5℃以内がお勧めです。室内温度は28℃を超えないようにしましょう。

@    暑い時は、運動・作業内容を軽くして、徐々に暑さに慣れるようにしてください。炎天下のジョギング(野球、サッカーなど)、閉め切った体育館でのスポーツ(剣道、柔道、卓球など)は特に注意が必要です。

A    のどが渇く前に、スポーツドリンクなどでこまめに水分と塩分の補給をしてください。「のどが渇いた」と感じたときには、すでに水分不足になっていることが多いです。

B    体調の悪いときは暑い日中の外出や運動・作業は控えましょう。十分な睡眠、バランスの良い食事は言うまでもありません。

C    ゆったりした服装で、シャツなどは外に出し、屋外では帽子をかぶりましょう。