「学生生活でのチャレンジについて、一緒に考えましょう!」

          

                                             保健管理センター カウンセラー 濱中 寛之   

 
     

新入生のみなさん、入学おめでとうございます。

4月から新年度に入りましたが、みなさん、いかがお過ごしですか。新入生は、様々な思いを抱えながら生活されていることかと思います。
また、他の学生、院生も、それぞれのチャレンジを抱えながら学生生活をされているかと思います。

今回は、各学年で出てきやすい、出てきやすいチャレンジを知るために、「学生生活サイクルの特徴」(鶴田和美編 2001)を紹介します。
これは、あくまでも傾向なので、必ずしも全員にピッタリくるものではありませんが、自分と向き合う時や他の学生への理解を深めるヒントになればと思います。
学生生活全体の年月の流れの中での自分の位置を知ることで、抱えている困難が成長に向かっての課題と見ることも出来ると思います。
そして、その困難の程度が、学業や日常生活に支障をきたす場合、何か相談したい場合は、保健管理センターや学生相談室へ相談に来ることが
助けになるので、ぜひ相談に来てください。
一緒に考えましょう。

 

                               学生生活サイクルの特徴 

  入学期   中間期  卒業期  大学院生期
 

来談学生が

語った

主題

  ・移行期に伴う問題

  ・入学以前から抱えてきた問題

 

・無気力、スランプ

・生きがい

・対人関係をめぐる問題

・卒業を前に未解決の問題に取り組む

・卒業前の混乱

 

 ・研究生活への違和感

 ・能力への疑問

 ・研究室での対人関係

 ・指導教官との関係

 学生の課題

 ・学生生活への移行

 ・今までの生活から分離

 ・新しい生活の開始

・学生生活の展開

・中だるみ

・現実生活と内面の統合

 

 ・学生生活の終了

 ・社会生活への移行

 ・青年期後期の節目

 ・現実生活の課題を通して内面を整理

  ・研究者・技術者としての自己形成
 

心理学的

特徴

  自由の中での

自己決定

  学生の側からの学生生活
オリエンテーション

  高揚と落ち込み

・あいまいさの中での深まり

・親密な横関係

  もう一つの卒業論文

  将来への準備

  職業人への移行

  自信と不安

    (出典:鶴田和美編 2001 学生のための心理相談. 培風館)