国立大学法人東京学芸大学学長選考等規程
                              平成16年5月11日
                                          規 程 第 50 号
                    改正(施行)平19程2(19.1.31)
                                                    平21程4(21.1.23)
                                                    平22程24(22.6.7)

 (趣旨)
第1条 この規程は,国立大学法人東京学芸大学役員規程(平成16年規程第31号。
 以下「役員規程」という。)第4条の規定に基づき,学長の選考手続及び任期等
 について必要な事項を定めるものとする。
 (選考機関)
第2条 学長の選考は,役員規程第3条の規定に基づき,国立大学法人東京学芸大
 学学長選考会議(以下「選考会議」という。)がこの規程により行う。
 (選考基準)
第3条 学長は,人格が高潔で,学識が優れ,かつ,本学における教育研究活動を
 適切かつ効果的に運営することができる能力を有する者のうちから選考する。
 (選考事由)
第4条 選考会議は,次の各号の1に該当する場合に,学長の選考を行う。
 (1) 学長の任期が満了するとき。
 (2) 学長が辞任を申し出たとき。
 (3) 学長が欠員となったとき。
 (4) 学長が解任されたとき。
2 学長の選考は,前項第1号に該当する場合は,任期満了の1月前までに,同項
 第2号から第4号までに該当する場合は,原則として当該事由の生じたときから
 1月以内に行う。
 (選考方法)
第5条 学長の選考は,次に掲げる手続及び方法により行う。
 (1) 選考会議は,原則として複数人の候補者(以下「第1次候補者」という。)
  を選考するとともに,候補者の氏名を公示する。
 (2) 選考会議は,別に定める学長選考意向投票管理委員会(以下「意向投票管理
  委員会」という。)に対し,選考した第1次候補者の氏名,経歴及び所信表明
  書を通知し,学長選考に係る意向投票(以下「意向投票」という。)の実施を
  依頼する。
 (3) 意向投票管理委員会は,前号の依頼を受け,本学の常勤の職員(選考会議委
  員である職員を除く。以下同じ。)による意向投票を実施し,その結果を選考
  会議に報告する。この場合において,第1次候補者が1人のみの場合について
  も,意向投票を行うものとする。
 (4) 選考会議は,前号の意向投票の結果を参考に,学長最終候補者を選考する。
2 選考会議は,第1次候補者の選考に当たり,本人の同意を得なければならない。
3 選考会議は,第1項第4号に規定する学長最終候補者を選考するに当たり,本
 人の同意を得なければならない。
 (意向投票有資格者)
第6条 意向投票有資格者は,投票日に在職する本学の常勤の職員とする。
2 前項の規定にかかわらず,意向投票日及び期日前投票期間の全期間において休
 職中の者,育児休業中の者,停職中の者及び海外渡航中の者は,意向投票有資格
 者となることができない。
 (意向投票)
第7条 意向投票は,前条に規定する意向投票有資格者による単記無記名投票によ
 り行う。
2 意向投票は,期日前投票を認める。
 (選考会議への報告及び公示)
第8条 意向投票管理委員会は,意向投票の結果について,直ちに選考会議に報告
 するとともに,公示しなければならない。
 (任期)
第9条 学長の任期は4年とし,再任を妨げない。ただし,引き続き6年を超えて
 在任することはできない。
 (学長解任の申出)
第10条 選考会議による学長解任の申出については,別に定める。
 (補則)
第11条 この規程に定めるもののほか,学長の選考等に関し必要な細則及び意向
 投票の実施等に関し必要な事項は,選考会議の議を経て別に定める。
 (改廃)
第12条 この規程の改廃は,選考会議の議を経なければならない。
 
   附 則
1 この規程は,平成16年5月11日から施行する。
2 平成19年11月10日を始期とする学長の任期は,第11条の規定にかかわらず,平
 成24年3月31日(再任の場合は,平成22年3月31日)までとする。

   附 則(平22程24)(抄)
 平成22年4月1日から適用する。