東京学芸大学利益相反会議規程

                             平成24年5月10日
                             規 程 第 19 号
                    改正(施行)平25程19(25.5.16)
                                                    平25程31(25.12.18)
                                                    平31程3(31.4.1)
                                                    平31程29(31.4.26)

 (設置)
第1条 東京学芸大学(以下「本学」という。)に,東京学芸大学利益相反会議 
 (以下「利益相反会議」という。)を置く。
 (目的)
第2条 利益相反会議は,本学における利益相反に関する事項について適切な管理
 (以下「利益相反マネジメント」という。)を行うことを目的とする。
 (審議事項)
第3条 利益相反会議は,次の各号に掲げる事項を審議する。
(1)利益相反マネジメントに関する重要事項
(2)本学が許容する利益相反の範囲に関する重要事項
(3)本学が許容しない利益相反事例に関する対応方法の決定
(4)前号の決定に対する異議申し立てに関する対応方法の決定
(5)その他利益相反問題に関する事項
 (組織)
第4条 利益相反会議は,次の各号に掲げる委員で組織する。
(1)研究を所掌する副学長
(2)学系長
(3)事務局長
(4)財務・研究推進部長
(5)第6条第1項に定める委員長が必要と認めた者 若干名
2 前項第5号の委員は、議長が委嘱する。
 (任期)
第5条 前条第1項第5号の委員の任期は,議長が委嘱の都度定めるものとし,再
 任を妨げない。ただし,当該委員を委嘱する議長である副学長の任期の範囲内と
 する。
 (議長等)
第6条 利益相反会議に議長及び副議長を置き,議長は第4条第1項第1号の委員
 をもって充て,副議長は議長が指名する。
2 議長は,会議を招集する。
3 副議長は,議長を補佐し,議長に事故あるときは,その職務を代行する。
 (会議)
第7条 利益相反会議は,委員の3分の2以上の出席がなければ会議を開くことが
 できない。
2 議決を要する事項については,出席委員の過半数をもって決し,可否同数のと
 きは,議長の決するところによる。
 (委員以外の出席)
第8条 利益相反会議は,必要に応じて委員以外の者の出席を求め,意見を聴くこ
 とができる。
 (庶務)
第9条 利益相反会議の庶務は,関係部課等の協力を得て財務・研究推進部研究支
 援課が処理する。
 (規程の改廃)
第10条 この規程の改廃は,教育研究評議会の議を経て学長が定める。
 (補則)
第11条 この規程に定めるもののほか,利益相反会議の運営等に関し必要な事項
 は,利益相反会議が定める。

   附 則
 この規程は,平成24年5月10日から施行し,平成24年4月1日から適用する。

   附 則(平25程19)(抄)
 平成25年4月1日から適用する。
 
   附 則(平25程31)(抄)
 平成25年11月1日から適用する。

   附 則(平31程29)(抄)
 平成31年4月1日から適用する。