東京学芸大学 情報処理センター
Tokyo Gakugei University Information Processing Center

TOPよくある質問(FAQ)大判プリンター関係

・大判プリンター関係 (教職員のみ利用可)
利用方法がわからない
 マニュアル集内に「大判プリンター利用の手引き(学内のみ参照可)」を用意しています。
ページトップへ   メニュートップへ   戻る 
用紙品質の選び方がわからない
 情報処理センターでは、用紙品質の違いで、下記3種類の用紙を用意しています。
ご不明な場合は、情報処理センター2階に、各用紙での印刷サンプルを掲示していますので、ご確認ください。

  
 コート紙    特にこだわりがなければ、この用紙をご指定ください。
 光沢紙    写真や画像をより鮮明に印刷したい場合は、この用紙をご指定ください。
 防炎クロス紙    布製ですので、破れにくく紙製よりも折り目がつきにくいので、出張する場合等でも携行しやすいですが、用紙代が高価になっています。
ページトップへ   メニュートップへ   戻る 
立て看板用原稿をワード文書で作成したい
 ワード形式のサンプル文書を用意しています。
 用紙サイズを横181mm×縦545mmに設定していますので、印刷時に横幅を24インチロール紙に合わせれば大凡横600mm×縦1800mmの立て看板サイズとなります。
 又、PowerPointの場合は、横450mm×縦1350mmのスライドで作成すれば同様に立て看板サイズで印刷できます。
 尚、Adobe Illustrator(CS4)があれば、アートボードサイズを600mm×1800mmに設定して作成すれば、直接Illustratorで立て看板サイズの印刷ができます。

    立て看板ワード文書サンプル(doc)(学内のみ参照可)
ページトップへ   メニュートップへ   戻る