なでしこダイアリー

2018.04.20
離任式2018.04.20
春は出会いの季節ですが、別れの季節でもあります。
4月20日は離任式。本校を去られた先生方とのお別れの式です。
今年は、小倉先生、小野先生、筧先生、平嶋先生、4人の先生方との別れがありました。
1,2年生の頃の思い出、大きくなった今、それをどう受け止めているか、代表の子どもたちの思いのこもった作文が披露され、そのあと、出席された小野先生、筧先生、二人の先生からのお話をいただきました。
3人の先生方、ありがとうございました。
離任式 筧先生.gif離任式 小野先生.gif離任式 門出.gif
2018.04.20
平成30年度 入学式2018.04.20
4月11日、春風の中、新1年生の入学式が行われました。
1年生担任による呼名に手を挙げる1年生。後姿しか見えませんが、まっすぐ伸びた手からは、学校生活のスタートを心待ちにしていた気持ちが伝わってくるように感じられました。
お迎えする6年生代表の言葉も凛として、「これから1年間、この学校を担っていくぞ!」という気概を感じられるすてきなあいさつでした。これから始まる小金井小学校での生活、「なでしこ」の一員として、よりよい生活をつくりあげていけるといいですね。
123.gif456.gif
2018.04.11
平成30年度 1学期 始業式2018.04.11
平成30年度が始まりました。
4月6日(金)一つずつ進級した「なでしこ」たちが、元気に体育館に集合しました。
校長先生からは、「仲間を大切にして、友達から一緒にいたいと思われる人になろう!」というお話がありました。
その後、退任された先生と着任された先生の紹介があり、着任者の代表として、岸野先生からあいさつがありました。
そして、いよいよ、子どもたちが待ちに待った、今年度の担任の先生の発表です。
最後に、校歌を元気よく歌って、始業式が終了しました。
今年度も、いいスタートが切れた初日となりました。DSC_0001.JPGDSC_0003.JPG
2018.02.18
なでしこ展覧会2018.02.18
 2月16日(金)から2月18日(日)になでしこ展覧会が行われました。今年は3年に一度の展覧会が行われる年ということで,4月から子どもたちは作品をつくってきました。展覧会タイトルは「来て見てみんなのアートピア」。作品には子どもたちの思いがあったり,その子だけの感じ方が表れたりしています。今回はそのような一人ひとりの違う表現,思いを大事にしてきました。また,図画工作科の価値というのは,作品だけではなく,子どもたちの活動そのものにもあります。今回はそのことをわかっていただきたく,会期中の土曜日には3つのワークショップも行われました。多くの方が参加され,1日中活動をしていたご家庭もありました。展覧会は最終日の日曜の夕方まで行われ,盛況のうちに閉会しました。
なでしこ展覧会 (71).JPG
なでしこ展覧会 (98).JPG
なでしこ展覧会 (193).JPG
2018.01.31
4年 外国の方との交流会2018.01.31
 2学期と3学期に、本学の留学生の方との交流会をしました。それぞれ一回ずつのわずかな時間ではありました。しかし、子ども達の心には、外国の様子を伝えてくださった留学生の方々の熱心さと優しさが深く、ずっしりと残ったように思えます。
 特に、二回目の交流会は、学級閉鎖や前日の社会科見学によって子ども達の「おもてなし」の準備が充分にできなない状況でした。それでも、留学生の方々は、子ども達の発表や日本の昔遊び体験を笑顔で楽しんでくださり、それもまた、子ども達に大きな学びの機会となりました。

DSC_2117b.jpg

P1230222b.jpg
2018.01.30
4年社会科見学(浅草・東京スカイツリー・中央防波堤)2018.01.30
 学級閉鎖や降雪が心配された中、4年の社会科見学が概ね予定通り実施されました。帰路では事故渋滞に巻き込まれ、解散時刻が遅れたものの、浅草の街のにぎわいや東京スカイツリーからの眺めに、子ども達は大満足でした。
 また、各見学先でお目にかかれた観光の方々にインタービューできたのも大きな収穫でした。さらに、中央防波堤では、ごみの最終処分によって誕生する広大な埋立地とその高さに、心動かされた子どもも多くいました。

P1300426 (2).JPG

P1300318 (2).JPG
2018.01.17
第3学年特別支援学校との交流会2018.01.17
特別支援学校との交流会を3回の日程(①5月23日②9月28日③1月17日)で行いました。1回目と3回目は小金井小学校で、2回目は特別支援学校で交流しました。
 1回目は、初めて会うため、お互いに緊張している様子でしたが、少しずつコミュニケーションが取れるようになり、楽しく活動をすることができました。2回目以降は、お相手さんの好きなことを生かした遊びを考え、積極的に関わり、仲を深めることができました。3回目の交流会の最後には、お互いに気持ちを込めたプレゼント交換をしました。
子供たちは、そのプレゼントを宝物として思い出とともに大切にしています。
支援学校交流会.jpg
2017.11.07
ネット・スマホ安全教室2017.11.07
 11月7日3校時、ゲストティーチャーをお招きして、4・5・6年生を対象としたネット・スマホ安全教室を開きました。
 安全教室では、個人情報を大切にすることに加えて、昨年も参加した高学年に新しい学びができるように内容を工夫していただきました。
 事例では、本当は、悪意がないのにもかかわらず、文字だけで伝えることで生まれる誤解のこわさや、一度デジタル化された情報の一瞬での広がり、そして、半永久的な記録性について教えていただきました。
 安全教室の後半では、保護者の方向けに、さらに詳しい事例を交え、保護者の方の責務や子どもへの接し方についてご示唆をいただけました。
 なお、本校のネット利用ルールについては、本校HPトップページ「校長先生の部屋」に示してあります。各ご家庭では、必ず一読いただき、ご協力願います。
DSC_0079b.jpg
2017.11.06
ノーベル賞受賞者大隅良典先生、本校でご講演2017.11.06
ノーベル賞受賞者大隅良典先生、本校でご講演

 2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞された大隅良典先生が、11月3日(金・文化の日)の午前11時から12時まで本校体育館で児童と保護者のために講演をしてくださいました。
  お話は「細胞が生きぬくしくみ」と「私の小学生時代」の二部構成で、ノーベル賞受賞に至った細胞のオートファジー(自食作用)についての内容と、先生の小学生時代の体験を中心に、興味深いお話をしてくださいました。そして、最後に
 「人と違うことを恐れずに自分らしく生きよう」
 「自然と親しみ、小さな発見を大切にしよう」
 「情報に流されず、自分の眼でたしかめよう」
 「自分の可能性を大事にしよう」
oosumisensei1.jpg

と本校児童にメッセージを送ってくださいました。講演後の質疑応答では、子どもたちから活発に質問が出ました。1年生の感想文には以下のようなものがありました。
 「ノーベルしょうをとったおおすみせん生におはなしをいろいろききました。いっていることが、よくわからなかったです。でもえを見てすこしだけわかりました。おおすみせん生の子どものころのしゃしんを見ました。おおきくなったらせん生がいっていたことがわかるようになりたいです。」
 この素直な感想から分かりますように、大隅先生は、本校の子どもたちの心の中に向学心のともしびをともしてくださったようです。
 ノーベル賞ご受賞後一日平均4つも講演依頼が来るという中、本校での講演を快くお引き受け下さり、興味深いお話をして下さいました大隅先生と、講演会の準備から当日の運営までを献身的に行なってくださいました学校役員幹事の皆様に心よりお礼を申し上げます。oosumisennsei2.jpg
2017.10.24
なでしこ運動会2017.10.24
 10月24日(火)に平成29年度なでしこ運動会が行われました。
 今年度は、雨が続き、どの学年も存分に練習ができませんでした。しかし、当日は、どの組も優勝したいという強い気持ちで臨み、接戦の多い白熱した運動会となりました。
 練習を積み重ねてきた子供たちの工夫された豊かな表現・団体演技(組体操)、そして熱戦が繰り広げられた競技。どの演技も競技も見応えがあり、熱い大きな声援が送られていました。今年度の優勝は黄組。来年度は何組が優勝するのでしょうか。今から楽しみです。
 今年度は雨天により平日開催となり、ご家庭にとってもご苦労が多かったと思います。改めまして、ご支援・ご協力、当日のご声援に感謝致します。ありがとうございました。
HP用2.jpg
カレンダー
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930