なでしこダイアリー

2018.07.26
6年至楽荘生活4日目2018.07.26
4泊5日の宿泊生活もあと少しとなりました。

スペシャルCチーム8名が1000m遠泳に挑戦し、
見事に完泳することができました!
足の着かない深い海に対する恐怖心や
長距離を泳ぐ体力への不安などに打ち勝ち、
きれいな隊列を組んで泳ぎ切ることができ、
たくましく成長した子供たちの姿に感動です。
本日をもって、6年生104名全員が1000m完泳となりました。

午後の最初は生活班対抗のレスキューリレー。
ボードに体ごと乗って泳ぎ、全身を使って波を体感していきました。
そして、水泳学習を締めくくる最後の一本として、
長い隊列でブイ外船回りのコースを泳ぎました。
ある子は練習後に俳句を書きながら、
プールでの練習からここまでの自分の頑張りを思い出し、
思わず涙する姿もありました。

夜は、満天の星空の下でのビーチファイヤーです。
水泳練習の合間をぬって生活班ごとに練習してきた出し物は
昨年度を超えて構成や衣装、見せ方も工夫されていました。
宿泊生活を通して、学年の絆がまた一つ深まりました。

天候に恵まれ、当初の水泳練習計画通り進行ができ、
また子供たち全員が泳ぎ切れたため、本日で水泳練習は終了となります。
明日は、3年生の荘生活時に悪天候で行くことのできなかった
海の博物館と海中展望塔の見学に行く予定です。

保護者の皆様、子供たちからの土産話を楽しみにお待ちください。

DSCF94641.jpg

DSCF95021.jpg

DSCF949021.jpg
2018.07.25
6年至楽荘生活3日目2018.07.25
朝礼時は曇り空で少し天候が心配になりましたが、
練習開始時には日が射し、
冷たい海水が心地よいベストコンディションの中で
今日も練習に取り組むことができました。

午前は、
昨年500m遠泳を泳いでいないCの子供たちが500m遠泳、
A1~A3の子供たちが1000m遠泳、
午後は、
A4~B2の子供たちが1000m遠泳
に挑戦し、無事に完泳することができました!

練習の成果を存分に出し切って、泳ぎ切った子供たちの表情は
達成感であふれていました。

明日はスペシャルCチームの子供たち8名が1000m遠泳に挑戦します。
また、夜にはビーチファイヤーが予定されています。
残り2日間も全員が健康で過ごせることを願っています。


【7月26日(木)午前】
スペシャルCチームの子供たち:1000m遠泳


(保護者の方々へ)
水泳練習前後において、子供たちが荘から浜へと移動している際に、
道路や坂に出てのお子様への声かけや写真・ビデオ撮影は
ご遠慮いただけますよう、よろしくお願いいたします。

DSCF93031.jpg

DSCF93291.jpg
2018.07.24
6年至楽荘生活2日目2018.07.24
本日も天候に恵まれ、午前と午後の両方でブイの外にまで出て、時間をかけた練習に取り組むことができました。

今日は潮の流れに負けず、曲がるときに広がらないように隊列を維持して泳ぐことを課題として取り組みました。
午後には、500m遠泳と1000m遠泳の検定があり、
見事A1~A3、Cの子供たちは合格し、遠泳帽を手にすることができました!

朝食後や夕食後には学習の時間があり、「俳句」「遠泳」「鵜原の地層」について学んでいます。


明日25日(水)から遠泳にいよいよ挑戦となります。
天気が良く、波の穏やかな海で、今までの練習の成果が存分に発揮されることを願っています。


【7月25日(水)午前】
昨年500m遠泳を泳いでいないCの子供たち:500m遠泳
A1~A3の子供たち:1000m遠泳

【7月25日(水)午後】
A4~B2の子供たち:1000m遠泳

【7月26日(木)午前】
Cの子供たち:1000m遠泳

DSCF9156.JPG

DSCF9171.JPG
2018.07.23
6年至楽荘生活1日目2018.07.23
快晴の青空のもと、鵜原の海で6年の至楽荘生活が始まりました。

穏やかな波の中、どのグループも十分に水慣れをして、隊列を組んでの練習ができました。しかし、少しけじめがなくなり、おしゃべりや整列に時間がかかり、叱られる姿もありました。
その後の荘での生活は3回目ともあって、どの班も時間を守り、きびきびと行動していました。
夕食も完食です!
最高学年として、立派に成長している姿を明日以降も見せていってほしいです。

明日からは午前と午後、2回に渡っての練習が始まります。

予定通り練習が進み、子供たちの泳力とチームワークが高まれば、
明後日25日(水)に早速遠泳に挑戦となりそうです。

【7月25日(水)午前】
昨年500m遠泳を泳いでいないCの子供たち:500m遠泳
A1~A3の子供たち:1000m遠泳

【7月25日(水)午後】
A4~B2の子供たち(Cからも数名合流予定):1000m遠泳

DSCF90741.jpg

DSCF90651.jpg
2018.07.19
5年至楽荘 四日目2018.07.19
 5年至楽荘生活四日目。A3・B1班、そしてB2・新B3班が500mを完泳しました。多少のうねりは感じられたものの、午前も、午後も、澄んだ海と真っ青な空に包まれ、今期最高の条件での遠泳でした。友達の力ばかりでなく、自然の力までも味方につけたのかも知れません。
 夕食後は、各班の副班長が中心になって、ビーチファイヤーを運営し、学年の絆をより固く結んでくれました。ジェスチャークイズ、キレのあるダンス、ほのぼのとした踊り、そして全員合唱など、家では味わうことのできないレクの時間は、瞬く間に過ぎてしまいました。
 明日の午前には、5年での最終練習をします。遠泳終了班は、三列隊形練習や仕上げの泳ぎ、新設のB4(元のC班の一部や他の班からの異動児童で構成)は、6年生での500mに向けた最終チャレンジが予定されています。
 まだ遠泳のできていない仲間の挑戦を、みんなでどのように見守るのか。5年至楽荘生活での成果が、明日の午前に試されようとしています。

P7155232b.jpg

P7155238b.jpg
2018.07.18
5年至楽荘 三日目2018.07.18
 5年至楽荘生活三日目。A1・A2班が500mを完泳しました。予想以上に潮の流れに苦しんだ遠泳でした。
 遠泳中、沖から響く『エーイコラ』の声へ、浜で待つ班が『エーイコラ』で応えます。
 浜で仲間から迎えられることで、完泳者は達成感をより一層強く味わえます。また同時に、出迎えた側は、自分の目標を具体的にイメージして、練習への意欲をさらに高めます。
 明日の午前には、A3・B1が500m遠泳に挑戦します。また、午後には、B2と新B3(元のB3の一部とC班の一部で構成)による遠泳が予定されています。
 5年至楽荘生活での水泳は、いよいよクライマックスを迎えています。


2018-07-18.png
P7145200.JPG
2018.07.17
5年至楽荘 二日日2018.07.17
 5年至楽荘生活二日目。ほどよい晴天の下、大事な挑戦の場面がいくつも見られました。
 A班は、ブイを越えての隊列泳を、B班はブイに沿っての大回り泳を、C班は岸から100m~70m付近までの沖への往復を、それぞれが何度も繰り返し練習しました。
 足の届かない海を泳ぐ不安感、何か謎の生物に沖で出会うのではないかという気持ちが、泳ぎのリズムを乱れさせます。必要以上に呼吸をしようとして、『うばらジュース』をたっぷりと味わうこともめずらしくありませんでした。
 それぞれの班で、それぞれの子どもが、海や『自分の心』と戦い続けています。
 そうした状況とは別に、今日は生活リズムにも慣れ、明日は一層泳ぎに集中できそうです。
 明日の午後には、当初の計画通り、A1・A2が500m遠泳へ挑戦できそうです。
 A3・B1は、明後日の午前、同じく500m遠泳へ挑戦する可能性が高まりました。
 優しい日差しと、ほどよい水温の鵜原に感謝です。
DSC_8044b.jpg
DSC_8045b.jpg
2018.07.16
5年至楽荘 初日2018.07.16
 まず、はじめに、西日本での豪雨災害に対し、心よりお見舞い申し上げます。

 関東地方で猛暑に対する警戒が強まる中、本年度の5年の至楽荘生活が始まりました。
 一昨年度に至楽荘利用をしてはいるものの、保健室の場所を忘れていたり、廊下代わりに職員室前の中庭を通過して叱られたりする姿が見られました。その一方、夕食では、完食する子が極めて多く、高学年としての自覚と意地を感じられもしました。おそらく、もう一日ほど荘生活を過ごせば、上手に生活できるはずだと期待できました。
 初めての海での水泳学習は、条件に恵まれ、どの班もたっぷり海に親しめました。
 このまま成果を上げれば、明後日の午後、A1・A2が500m遠泳へ挑戦できそうです。
5年至楽荘生活初日A.jpg
5年至楽荘生活初日B.jpg
2018.06.08
4年生 一宇荘2018.06.08
今年の4年生一宇荘生活は、前組が5月29日~6月1日、後組が6月5日~8日の日程で行われました。
6月という時期はどうしても雨が多くなりますが、それぞれ合間をぬって充実した宿泊学習ができました。
駅での出発式は、班長さん達が司会、はじめの言葉、あいさつなどを分担し、荘では副班長さん達が朝礼をしっかりと運営していました。
現地では、各自でテーマを決めて調べる青空活動、千代田湖ハイキング、火を起こしてお味噌汁を作ったり魚を温めたり、普段の学校生活ではできない活動に精一杯取り組みました。魚がかかった手応え、図鑑では知っていても実際には初めて見る虫やキノコや様々な植物、ハンマーの音、そしてナイトハイクで握った友達の手の温かさ、どれも、一宇荘ならではの経験になったと思います。
この活動を支えてくださった荘の方々、保護者の方々に深く感謝です。
続きを読む>>
2018.05.25
5年生一宇荘 後組2018.05.25
5年生後組は、5月21~25日で一宇荘に行ってきました。
5年生は2度目の一宇荘でした。しかし、登山は初めてでした。
車山に登りましたが、みんなで声をかけあって、協力して登頂しました。
頂上から眺める景色は格別でした。
クラス替えをしたばかりでしたが、この一宇荘生活を通して
新しいクラスの仲間と絆を深めることができたと思います。
来年は蓼科山登山です。
車山よりも険しい道のりになります。
1年間かけて、今以上にクラスの絆、学年の団結力を高めていってほしいです。
次は至楽荘だ!!!!山頂.jpg
カレンダー
<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30