なでしこダイアリー

2014.05.21
セーフティ教室2014.05.21
 5月21日(水)に1年生~3年生の児童を対象にセーフティー教室を行いました。
 まず教員が不審者と児童役に分かれロールプレイングを行いました。子どもたちが、不審者に声をかけられた際の正しい状況判断を理解することが大きなねらいです。ロールプレイの内容は以下の3つです。
 ①道を聞かれて、ついていってしまう場面
 ②お父さんが交通事故にあったと言われ、ついていってしまう場面
 ③おじいさんにかわいい動物をみせてあげると言われ、ついていってしまう  場面
 子どもたちにとっては、「そんなのあたりまえだよ。」「そんなあやしい人についていくはずないよ。」と思われるような内容ですが、いざ、そういった場面に遭遇した際は、ついていってしまう事例があることも事実です。「怪しい人にはついていかない」ということを改めて考える機会になりました。
 その後、警察の方から不審者対応のしかたや日常生活で気をつけなければいけないことを具体的にお話いただきました。
 自分の身は自分で守ることの大切さや、どのようにして身を守ればよいのか考えたことを自分の生活に活かしてほしいと思います。
safty.jpg
カレンダー
最近の記事